商業施設にミサイル、死者16人以上 ウクライナ中部

商業施設にミサイル、死者16人以上 ウクライナ中部
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR27CWR0X20C22A6000000/

『ウクライナ中部ポルタワ州クレメンチュクのショッピングモールに27日、ミサイル攻撃があった。ウクライナ非常事態庁によると、少なくとも16人が死亡、59人が負傷した。ゼレンスキー大統領は施設には1000人以上の民間人がいたとして「犠牲者の数は想像もできない」と述べた。

ゼレンスキー氏はSNS(交流サイト)で、ショッピングモールには「ロシア軍にとって何の脅威も、戦略的価値もない」として攻撃を非難した。同氏が投稿した動画では、建物を燃やす炎が激しい黒煙を上げ、民間人や消防とみられる人の姿もあった。

主要7カ国(G7)は27日、ショッピングモールへのミサイル攻撃に対する非難声明を発表した。「無実の民間人への無差別攻撃は戦争犯罪を構成する」と指摘。「プーチン大統領と(攻撃の)責任者は、その責任を負うことになる」と非難した。

ロイター通信によると、ウクライナ軍は、攻撃に使用されたのは長距離ミサイル2発で、モスクワに近いロシアのカルーガ州の空軍基地を飛び立った爆撃機から発射されたと明らかにした。ロシアはこれまで民間施設を故意に狙うことはないと説明していた。今回の攻撃についてはコメントしていない。

米CNNは、ロシア軍がこの1週間でウクライナの国土に対するミサイル攻撃や砲撃を強めているとの米当局者の見方を伝えた。

一方、東部ルガンスク州では、占領された要衝セベロドネツクに隣接するリシチャンスクを巡る攻防が続いている。ウクライナの警察当局は27日、過去24時間の間にロシア軍がリシチャンスクや近郊で49回の砲撃を行ったとSNSに投稿した。インフラ施設や住宅、教会などに被害が出たとしている。

【関連記事】NATO部隊、7倍の30万人に 米国は防空システム供与

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

上野泰也のアバター
上野泰也
みずほ証券 チーフマーケットエコノミスト
コメントメニュー

ひとこと解説

ロシア軍によるこの攻撃は悪質極まりない。ミサイル攻撃を受けたのはウクライナ中部にある州の都市であり、両軍が対峙している前線からは距離がある。G7サミットが独エルマウで開催され、ゼレンスキー大統領がオンラインで参加しているのと同時期であり、嫌がらせ的な意図がロシアにあったのではと言われてもしかたあるまい。「ロシアはこれまで民間施設を故意に狙うことはないと説明していた。今回の攻撃についてはコメントしていない」と記事にあるが、ロシアは今後どのように説明するのだろうか。軍事目標が隠されていたと強弁するか、誤射と説明するか、それとも命令に反する行動が現場であったとして当事者を処罰するか。注視したい。

2022年6月28日 7:40

柯 隆のアバター
柯 隆
東京財団政策研究所 主席研究員
コメントメニュー

ひとこと解説

プーチンロシアはウクライナに侵攻する当初、ウクライナをネオナチと呼んだ。まあ、歴史上、ウクライナでいろいろあったのだろう。たとえば、ロシア系住民が迫害されることなど。でも、戦争が長期化するにつれ、商業施設などにミサイル攻撃するなど明らかに常軌を逸している。この戦争をどのように終わらせるのか
2022年6月28日 7:38 』