ロシア国債「デフォルトに該当」 ムーディーズが見解

ロシア国債「デフォルトに該当」 ムーディーズが見解
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR2807F0Y2A620C2000000/

『【シントラ=篠崎健太】米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは27日、5月27日が支払期日だった2本のロシアの外貨建て国債について「デフォルト(債務不履行)に該当する」との見解を表明した。発行時の条件に基づく利払いが30日間の猶予期間内に実行されなかったことは同社の格付け定義上、不履行にあたると説明した。非公式ながら格付け会社からデフォルトとみなされたことになる。

ムーディーズはロシアの外貨建て債務について「今後も利払いでデフォルトが生じる可能性が高い」と指摘した。3月には、元利金の支払いが発行条件にない通貨で実行されれば「デフォルトと扱う可能性が高い」との認識を示していた。

問題になったのは5月27日が期日だった、ドル建てとユーロ建ての国債の利払いだ。計1億ドル(約135億円)相当の決済が滞り、6月26日に猶予期間の最終日を迎えた。同社は猶予期限内に外国投資家へ利息が渡らなかったと理解していると表明した。

主要な格付け会社は経済制裁に従ってロシアの格付け業務から撤退し、ロシア国債の格付けを取り下げている。このため今回の判断は格付けに基づく正式な判断ではないが、コメントの形で事実上のデフォルトを認定した形だ。ロシアの外貨建て国債のデフォルトはロシア革命直後の1918年以来、約1世紀ぶりとなる。

当該国債の外貨による利払いが滞ったのは、米国がロシア当局から国債の支払いを受けられる特例を5月25日で失効させたことを受け、金融機関が手続きを見合わせたためとみられている。ロシア政府は支払いの意思や能力はあったが証券決済機関のユーロクリアが処理を止めた結果だとし、ロシア側に非はなくデフォルトには当たらないと主張している。

【関連記事】

・ロシア国債、1世紀ぶり不履行か 残る国債も対象に
・ロシア国債、異例の「不履行」認定 国際市場から排除

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

中空麻奈のアバター
中空麻奈
BNPパリバ証券 グローバルマーケット統括本部 副会長
コメントメニュー

ひとこと解説

債務のデフォルトは、決まった期日に、決まった金額、決まった通貨で、支払いがなかったときに起こる。

今回は、ロシアは払う気があるが、貸し手が金融制裁で受け取らないため、デフォルトが決まるという。

影響自体は軽微と考えられる。CDSのディフォルト認定がすでになされていること、ロシア国債のリスクは認識されていたことに加え、元々ロシアは外貨準備が多く、支払金がないわけではないこと、もある。

一方、考え方の整理は必要になる。戦時下という非常時には難しいかもしれないが、西側のデフォルトルールとロシアの主張の隔たりが大きくなれば、クレジット市場の秩序が乱れる。格付け機関の主張も併せ、吟味の必要がある。

2022年6月28日 9:20

白井さゆりのアバター
白井さゆり
慶應義塾大学総合政策学部 教授
コメントメニュー

ひとこと解説

ロシアの外貨建て国債の支払いが外貨不足で支払いができなかったのではなく、西側の金融機関による支払業務の拒否やユーロクリアによる処理が停止して行われなかったのであれば、通常の意味でのデフォルトとは異なります。

また、3大格付け会社が正式に格付けをしていないため、今回のムーディーズの「判断」がどれだけロシアに打撃になるのかは分かりにくい面があります。

おそらくロシアは支払いができる外貨があったとみられます。

ただし市場参加者のロシアへのネガティブな印象を強めることになっており、プーチン政権が持続する限りロシア企業には苦しい状況が続くとみられます。

2022年6月28日 7:26 』