米、太平洋諸国と海洋安保協力 日英豪NZと新枠組み

米、太平洋諸国と海洋安保協力 日英豪NZと新枠組み
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN251ON0V20C22A6000000/

『ワシントン=中村亮】米ホワイトハウスは24日、太平洋島しょ国への関与強化に向けて日本や英国、オーストラリア、ニュージーランドと新たな枠組みを立ち上げたと発表した。気候変動対策や海洋安全保障を協力分野とした。太平洋島しょ国への影響力を増す中国に対抗する。

5カ国は声明で「太平洋の人々に利益をもたらすために地域を支援するという共通の決意を持って結束する」と強調した。5カ国は23~24日、米首都ワシントンで太平洋島しょ国と高官協議を開き、協力内容を議論した。フランスと欧州連合(EU)もオブザーバーとして参加した。

気候変動対策や運輸、海洋安保、ヘルスケア、教育といった分野で太平洋島しょ国向けの支援を強めるため連携する。協力では「透明性」や「主権」を重視すると言及した。米国は中国が不透明なプロセスで経済支援や安保協力を進めているとみており、支援方針の違いをアピールした。5カ国は年内に外相会談を開いて支援の進捗を確認する。

中国は4月、ソロモン諸島と安保協定を結んだ。王毅(ワン・イー)国務委員兼外相は5月末、地域10カ国とオンライン会合を開き、安保協力強化に向けた協定案を協議していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN251ON0V20C22A6000000&n_cid=DSPRM1AR08 』