プーチン、SS26をベラルーシへ配備約束

プーチン、SS26をベラルーシへ配備約束

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「宮崎正弘の国際情勢解題」 
      令和四年(2022)6月27日(月曜日)
          通巻第7384号
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 SS26は核ミサイル搭載可能のNATOコード名(通名イスカンダル)
  プーチン、SS26をベラルーシへ配備約束
***************************************

 6月25日、ベラルーシの独裁者、ルカシェンコ大統領は大きな体を揺らしながら、サンクトペテルブルクに飛来し、プーチン大統領との親密ぶりをアピールした。
 会談後の記者会見でプーチンはベラルーシから要請のあったミサイル防衛システムS-400「イスカンダル(9K-720)」を一ヶ月以内にベラルーシへ輸送するとした。

 このイスカンダル9K-720は、NATOのコード名が「SS26 ストーン」。射程80~500キロで通常兵器、核兵器が装填できる。射程によってミサイルを取り替え、通常8両移動式発射台と指令車、レーダーからなり一個連隊で運用する。

巡航ミサイルでもあり、モスクワからウラジオまですでに配備され、リトアニアとポーランドに挟まれた飛び地のカリニングラードにも配備されている。

また外国ではトルコ、アルメニア、アルジェリアに輸出され、最初につかわれたのは2008年のグルジア戦争、シリア内戦でも使われた形跡がある(ロシアは否定)。タジキスタンでは発射実験が行われた。

アルメニアは2020年のナゴルノ・カラバフ紛争で使用したが、いずれも通常兵器搭載で核兵器使用はない。ベラルーシへの供与に核弾頭そのものは供与されないだろう。

NATO加盟国のトルコは、米国の反対を押し切って、ロシアからS400を購入し、2020年には配備を終えている。怒った米国はトルコに制裁を課したが、その後、有耶無耶となった。
イスカンダルは、古代の英雄アレキサンダー大王の異名である。

      □◎○☆み○◎☆○や○☆△○ざ☆○◎◎き◎△☆□  』