ブルーパシフィック (PBP) におけるパートナーの設立に関するオーストラリア、日本、ニュージーランド、英国、および米国の声明

ブルーパシフィック (PBP) におけるパートナーの設立に関するオーストラリア、日本、ニュージーランド、英国、および米国の声明
2022年6月24日
•• ステートメントとリリース
https://www.whitehouse.gov/briefing-room/statements-releases/2022/06/24/statement-by-australia-japan-new-zealand-the-united-kingdom-and-the-united-states-on-the-establishment-of-the-partners-in-the-blue-pacific-pbp/ 

『(※ 翻訳は、Google翻訳)

太平洋諸島の優先事項を支援するためのより効果的かつ効率的な協力のための新しいイニシアチブ

太平洋諸島地域には、地球の表面の5分の1近くがあり、気候危機からCOVID-19の大流行、規則に基づく自由で開かれた国際秩序への圧力の高まりまで、最も緊急の課題の多くがあります。この文脈において、地域行動の主要な推進力である太平洋諸島フォーラムは、 「ますます一般的な課題に取り組む場合、そのメンバーを1つの集団として」組織化することを約束しました。

私たちの国として—オーストラリア、日本、ニュージーランド、英国、 そして 米国—太平洋の繁栄、回復力、安全保障を引き続き支援するために、私たちも緊密な協力を通じて私たちの総合力を活用しなければなりません。そのために、私たちの政府は、6月23日と24日にワシントンDCに高官を派遣し、太平洋公館長やフランスを含む他のパートナー、および欧州連合の監視能力と協議しました。これらの会議は、太平洋諸島フォーラム事務局を含む太平洋パートナーとの話し合いに続いて行われました。地域に従事している他のパートナーを含め、継続中です。本日、私たちの5か国は、太平洋の優先事項をより効果的かつ効率的に支援するための包括的で非公式なメカニズム であるブルーパシフィックのパートナー(PBP)を立ち上げました。

この新しいイニシアチブは、この地域に対する長年の取り組みに基づいています。オーストラリアとニュージーランドはこの地域に属し、太平洋諸島フォーラムのメンバーです。日本、英国、米国がDialoguePartnersを設立しています。私たちの国は、太平洋諸島との緊密な人と人とのつながりを維持しており、太平洋諸島との長年の開発パートナーであり、この地域の開発援助の合計21億ドルに反映されています。私たちは、太平洋の人々に利益をもたらす地域を支援するという共通の決意で団結しています。私たちはまた、太平洋地域主義、主権、透明性、説明責任、そして何よりも太平洋諸島が主導し指導する原則に従って、このビジョンをどのように実現するかについても団結しています。

これらの原則を中核として、ブルーパシフィックのパートナーは次のことを目指しています。

より効果的かつ効率的に太平洋に結果を提供します。 一緒にそして個別に、私たちの5か国は、太平洋諸島フォーラムの次の2050年の青太平洋大陸戦略に沿って、太平洋の優先事項を支援するための既存の取り組みを強化します。そのために、Pacificパートナーと協力します。既存のプロジェクトをマッピングし、将来のプロジェクトを計画し、リソースを推進し、重複を取り除き、ギャップを埋めることで、太平洋政府と太平洋の人々の負担の増大と機会の喪失を回避します。並行して、私たちの各政府は、この地域での私たちの個々の努力の野心を高め続けます。

太平洋地域主義を強化する。 PBPは、政府とのより強力で定期的な関与を促進することにより、太平洋政府および太平洋諸島フォーラムとのより緊密な関係を築きます。私たちは、太平洋諸島フォーラムを中心に、地域建築と地域におけるそれぞれのアプローチの重要な柱として、太平洋地域主義をさらに高めていきます。

太平洋と世界の間の協力の機会を拡大する。 PBPは、太平洋の価値観を共有し、地域の人々に利益をもたらすために建設的かつ透明に取り組むことを目的とする他​​のパートナーによる太平洋とのより大きな関与を奨励および促進します。それが発展するにつれ、PBPは包括的で非公式であり、太平洋諸島とのパートナーシップに同様に投資し、コミットする追加のパートナーと協力することにオープンであり続けるでしょう。世界的に、PBPは国際フォーラムへの太平洋の参加を拡大する機会を特定します。

すべての段階で、私たちは太平洋諸島に率いられ、導かれます。私たちは、PBPの取り組みの選択とその主力プロジェクトに関する太平洋のガイダンスを求めます。ブレアハウスを含むワシントンでの会議で、私たちの政府と太平洋公館長は、気候危機、接続性と輸送、海上安全と保護、健康、繁栄、教育など、協力を深めるさまざまな分野について話し合った。私たちは、太平洋政府や太平洋主導の地域機関、特に太平洋諸島フォーラムとの関わりを継続することを約束します。私たちは、フィジーのスバで開催される太平洋諸島フォーラムのリーダー会議の成果に合わせて作業を調整します。今年の後半、米国はパートナー国の外相を招集し、私たちの進捗状況をレビューする予定です。』