9月3日を「対日戦勝記念日に」 ロシア議員が法案提出

9月3日を「対日戦勝記念日に」 ロシア議員が法案提出
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062400992&g=int

『ロシアの国会議員らは9月3日を「軍国主義日本に対する勝利と第2次大戦終結の日」とする法案を下院に提出した。下院が24日、法案を公開した。議員らはロシアによるウクライナ侵攻で対ロ制裁を科す日本への対抗措置と主張している。

ウクライナ侵攻で「結束強化」 日本の対応も評価―ドイツ下院議員

 法案を提出したのはロシア上下両院の議員8人。プーチン政権与党「統一ロシア」の議員も含まれており、可決される可能性が出ている。

 議員らは「ウクライナにおける特別軍事作戦の開始から日本は欧米と連携し、わが国に対する前例のない非友好的なキャンペーンを行った」と反発し、日本はロシアの指導部に制裁を科しているなどと非難。9月3日は「軍国主義日本に対する戦勝記念日としてわが国の歴史と社会に刻まれている」と説明した。

 ロシアは2010年、日本が1945年に降伏文書に調印した9月2日を「第2次大戦終結の日」に制定した。しかし、保守派はソ連時代に「対日戦勝記念日」とされてきた9月3日を重視しており、「大戦終結の日」は20年に9月3日に変更。今回の法案で「軍国主義日本に対する勝利」という表現を加えた。9月3日は中国でも「抗日戦勝記念日」になっている。 』