米高官、G7「価格高騰含む経済混乱」の対応協議

米高官、G7「価格高騰含む経済混乱」の対応協議
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN221DB0S2A620C2000000/

『【ワシントン=坂口幸裕】米ホワイトハウスのカービー戦略広報調整官は21日の記者会見で、6月下旬にドイツで開く主要7カ国首脳会議(G7サミット)でエネルギーや食料の価格高騰を含む世界経済の混乱への対処を話し合うと明らかにした。サプライチェーン(供給網)の目詰まりなどにも触れ「世界への影響を最小限に抑えるために議論する」と話した。

G7は26~28日にドイツ南部エルマウでサミットを開く。カービー氏は、ウクライナへの揺るぎない支援と同国に侵攻したロシアの責任追及や、侵攻に伴うエネルギー・食料価格を含む世界経済の混乱への対処などが議題になると説明した。

ロシアによる海上封鎖で黒海を通じたウクライナ産の穀物輸出が滞っている。カービー氏はロシアが「食料を武器にしている」と断じた。

5月に中国のロシア産の原油輸入量がサウジアラビア産を抜いてトップになったことについては「ウクライナに関して中国とロシアが協力関係を深めている一例だ」と批判した。』