東シナ海ガス田開発,日本も着手する十分な背景がある,電力不足,容量市場

東シナ海ガス田開発,日本も着手する十分な背景がある,電力不足,容量市場
http://blog.livedoor.jp/adachihayao/archives/2021777.html

『【日刊 アジアのエネルギー最前線】 東シナ海ガス田開発,日本も着手する十分な背景がある,電力不足,容量市場
http://www.adachihayao.net

2022年6月22日 水曜日 曇

東シナ海で中国が進めるガス田開発,中間線の外側で最初に中国が計画に着手した際,大森さんだったと思うが,「日本は優秀な官僚を抱えているのに,何故中国に先行されるのか」と叫んだことがある,日本と中国は成長のタイミングが全く違う,日本は,水より安い,と言われた中東の原油に頼った

中国は成長を始めた時点では,中東の石油価格と較べて,東シナ海でガス開発する十分な理由があった,中国は一時共同開発に同意したが,軍備拡張に余念のない中国は,既に約束を忘れたかのように,極めて居丈高である,日本の抗議は当然としても,日本は日本で日本海ガス田開発を着手すべきだ

電力自由化が進んで,将来の電源確保の責任の所在が全く分からなくなった,自由化しながら開発計画の責任は経産省にあるかの如く,ことは進んでいる,「容量市場」の今日の記事を読んであきれる,「4年先が分かるか」と言っている,何を言っている,10年先だって分かる,そうしてきたのだから』