ウクライナ最新戦況マップ6.21 東部要衝の対岸に迫る

ウクライナ最新戦況マップ6.21 東部要衝の対岸に迫る
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCA220NN0S2A620C2000000/

『ロシア軍はウクライナ東部ルガンスク州で攻撃を続けた。要衝都市セベロドネツクとドネツ川を挟んで西側対岸に位置する都市リシチャンスクへ南方向から攻勢をかけている。作戦の遂行が難しい川を渡るルートを回避しているもようだ。21日にはセベロドネツク南東部のいくつかの集落を攻略した。米シンクタンクの戦争研究所は「リシチャンスクの占領には長期の戦闘を必要とする可能性がある」とみる。

ロシア軍はセベロドネツク周辺での作戦を優先しており、同市西方のハリコフ州イジューム方面の作戦は停滞している。

戦争研究所はクレムリン(ロシア大統領府)が空挺(くうてい)部隊の司令官を交代させてウクライナ侵攻の指揮系統を根本的に入れ替えようとしている可能性があるとみる。「戦争遂行におけるクレムリンの継続的な機能不全を示している」と指摘する。』