日本は核禁止条約会議に参加を ICAN事務局長が会見

日本は核禁止条約会議に参加を ICAN事務局長が会見
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB200Y10Q2A620C2000000/

『【ウィーン=共同】「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長は19日、ウィーンで主催した市民フォーラムの閉会にあたって記者会見し、日本政府に「核兵器禁止条約の第1回締約国会議に参加し、リーダーシップを示してほしい」と呼びかけた。

21日開幕の締約国会議を巡りフィン氏は、ドイツやオーストラリアなど米国の同盟国でも世論の支持を受けて政治がオブザーバー参加を決めたと指摘。「日本でも条約に賛同する政治家や市民が努力し続けてほしい」と述べた。

同席した日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の木戸季市事務局長(82)は「条約は国家中心ではなく、人と人とがつながり自由な世界をつくる出発点だ」と語った。

会見後、ICANを構成する日本の非政府組織(NGO)「ピースボート」からフィン氏に、広島の被爆者が「ICAN」と名付けて育てたバラの写真が贈られた。フィン氏は「全世界の核廃絶運動の象徴にしたい」と喜んだ。』