イェンス・ストルテンベルグ

イェンス・ストルテンベルグ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%B0

 ※ 『2022年9月30日まで務めることとなった』…。

 ※ 今年の9月いっぱいまでの任期だな…。

 ※ 次期ノルウェー中央銀行総裁、ということだ…。

 ※ 日本で言えば、黒田日銀総裁が、防衛大臣務めているような感じか…。

 ※ しかも、元首相だしな…。

 ※ 安部さんが、財務大臣もやっていて、次期日銀総裁に決まっているのに、防衛大臣を一時務めているような感じか…。

『イェンス・ストルテンベルグ(Jens Stoltenberg、1959年3月16日[1] – )は、ノルウェーの経済学者、政治家、NATO事務総長。

ノルウェー王国首相、ノルウェー労働党党首、産業・エネルギー大臣、財務大臣を歴任した。』

『概要

国務長官、環境大臣(1990年 – 1993年)、産業大臣(1993年 – 1996年)、財務大臣(1996年 – 1997年)を歴任し2000年から2001年まで首相を務めた。一度政権を降りるが2005年の赤緑連合の勝利により10月17日に再び首相の座に就いた。2009年に再任されたが2013年に行われた三期目に向けての総選挙では敗北し辞表を提出した。

来歴

生い立ち

オスロ出身。母カリン・ストルテンベルグと父トールヴァル・ストルテンベルグの間に生まれる。カリンは国務長官、トールヴァルは外務大臣や国連高等難民弁務官を務めた政治家一家である。

ベトナム戦争への抗議でオスロの英国大使館に投石したことがある[1]。

1979年ノルウェー労働党系の新聞「アルベイデルブラデット」記者になり1989年から翌年までオスロ大学講師を務める[1]。

ノルウェー労働党の青年組織(AUF)の代表を1985年から1989年まで務め、1990年から1992年まではオスロ労働党オスロ支部長でもあった[1]。
政治家として

党内では穏健派と言われ「ノルウェーのトニー・ブレア」と譬えられることもある。1992年にはグロ・ハーレム・ブルントラントの後継を巡ってトルビョルン・ヤークランと争って敗れた。

1993年にノルウェー国会議員に初当選し[1]、グロ・ハーレム・ブルントラントを首班とする第3次ブルントラント内閣では、フィン・クリステンセンの後任として、1993年10月7日から1996年10月25日にかけて産業・エネルギー大臣を務めた[2]。ブルントラントの後継としてトルビョルン・ヤーグランが首相に就任し、新たにヤーグラン内閣が発足すると、1996年10月25日から1997年10月17日にかけて財務大臣を務めた[2]。

首相として

2000年3月にノルウェー最年少の41歳で首相に就任したが(第一次政権)[1]、国営事業の民営化を伴う福祉国家路線の変更を巡っては与党内でも論争の的となった。2001年9月10日に行なわれた議会選挙ではノルウェー労働党は得票率わずか24%という同党史上まれな大敗を喫し下野した。この結果、主導権を争っていたヤークランに執行部を掌握された。
しかしその後2005年の選挙において社会主義左翼党および中央党とともに赤緑連合を結成し議席の大多数を占め大勝。再び与党の座に返り咲き2期目の首相就任を果たした。

2010年4月長年ノルウェーとロシアとの間の懸案であったバレンツ海と北極海の係争海域の帰属確定について、ストルテンベルグ首相はロシアの真意をくみ取り妥協を引き出し合意した[1][3][4]。

2011年7月22日に首都オスロで発生したノルウェー連続テロ事件で首相府が入る政府庁舎が爆破されたが事件当時には自宅におり難を逃れている[5]。

2012年に訪日し日本の児童たちにサーモンの寿司を振る舞うパフォーマンスを行った[6]。

2013年6月1日、再選に向けたキャンペーンの一環として、政治に関する有権者の生の声を聞くためにドライバーに扮してタクシーを運転し、乗客と会話を交わした。首相だと気づかれた場合のみ身分を明かすことにしていたが、ほとんどの乗客がすぐに異変に気がついた。運転は8年ぶりで、オートマチック車であったにもかかわらずクラッチペダルと思い込んでブレーキペダルを踏む一幕もあった[7]。

ストルテンベルグ政権時代のノルウェーは高い経済成長率を示していたが、減税を主張したエルナ・ソルベルグ党首率いる保守党に2013年9月の総選挙で敗北した[8]。ストルテンベルグ首相は辞任を表明し[9]、後任の首相には保守党のソルベルグ党首が就き、保守党を含む中道右派4党の連立内閣が発足した。

NATO事務総長として

ノルウェー首相時代に40年に及ぶロシアとの最大の懸念事項に終止符を打った外交手腕を買われ、2014年3月28日に北大西洋条約機構(NATO)の事務総長に任命された。ただ、ロシアへ強硬姿勢を強めるアメリカ、慎重な姿勢のドイツなど立場が異なる各国を束ねるのは容易ではないと評されている[4]。しかし2017年12月にはアメリカやドイツの強い支持を得て事務総長の任期が2年間延長され、その後2019年3月にさらに2年間延長されたため、2022年9月30日まで務めることとなった[10][11]。

2020年6月に、COVID-19の流行に乗じて国家・非国家の主体が偽情報やプロパガンダによりNATOを標的にしているとして「NATOは、偽情報を突き止め、それと戦うために共闘している。我々を分断させようとする者は失敗する」と述べている[12]。また中華人民共和国について「新たな敵国とは見ていない」としつつも「世界の力のバランスを根本的に変え、経済、技術の覇権争いを激化させている」と指摘し、「オーストラリアや日本、ニュージーランドなど考え方が同じ国々とさらに緊密に協力する必要がある」と訴えている[13]。

2021年12月、イーダ・ヴォルデン・バーチェとともにノルウェー中央銀行新総裁の最有力候補と目された。[14]オルセン総裁が2022年2月に辞任することが発表された後、2月4日に次期総裁としてストルテンベルグが任命され[15][16]、バーチェは総裁の地位に就かず、ストルテンベルグがNATO事務総長としての任期を終えるまでの間、暫定的に総裁代理を務めると発表された[17]。ストルテンベルグは同年9月末[15]、あるいは10月1日[18]にNATO事務総長を辞し、12月に総裁に就任する予定であった[15]が、3月23日に今後も事務総長にとどまる可能性があるため、予定通り年末に中央銀行総裁に就任できないことが明かされ[19]、3月24日、ウクライナでの戦争に関するNATO首脳会議の後にストルテンベルグはNATO事務総長をもう1年続けることを表明[18]し、次期総裁を辞退することを明らかにした。』