欧州委、ウクライナのEU加盟交渉入りを勧告 モルドバも

欧州委、ウクライナのEU加盟交渉入りを勧告 モルドバも
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR16BFF0W2A610C2000000/

『【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)の欧州委員会は17日、ウクライナとモルドバをEUの加盟候補国として認めるよう加盟国に勧告した。EU加盟に向けた第一歩となる。交渉入りに必要な全メンバー国の同意を得られれば加盟交渉が始まるが、実現までには長い道のりが待ち受ける。

【関連記事】オランダ外相、ウクライナのEU加盟交渉入りを支持

ロシアがウクライナに侵攻してからすぐの2月末、ウクライナはEUに加盟を申請し、モルドバとジョージアもこれに続いた。

記者会見したフォンデアライエン欧州委員長は、ウクライナとモルドバについて「多くの分野で必要な措置がとられるとの理解のもと、候補国の地位が与えられるべきだ」と語り、ロシアの脅威を直接受けている状況下での異例の対応との認識をにじませた。

ジョージアについては、候補国との地位を得る前にいくつかの改革を実行するよう求めた。

EU加盟の手続きは複雑で、欧州委の勧告を受けて加盟27カ国が候補国として認めるかどうかを全会一致で決める必要がある。ヤマ場になるのが23~24日のEU首脳会議だ。

「4カ国ともウクライナが加盟候補国の地位をすぐに得ることを支持している」。16日、キーウ(キエフ)を訪れたマクロン仏大統領は独伊ルーマニアの各国首脳とともに力説した。

もともと独仏は必ずしも交渉入りに前向きではなかったが、ウクライナの申請を切り捨てるわけにいかないと判断したようだ。北大西洋条約機構(NATO)への加盟が難しくなり、EUへの加盟の希望も断ち切られれば、ウクライナ自身が将来の国の方向性を見失いかねない事態となる。

中・東欧の多くやバルト3国に加え、EUの主要3カ国が支持を表明したことはウクライナに追い風だが、全会一致が求められる中で西欧には慎重な国もある。ポルトガルのコスタ首相は英紙フィナンシャル・タイムズ(14日付電子版)で、ウクライナに「誤った期待を抱かせるべきではない」と語った。

確かに加盟候補国になったとしても、実際の加盟までは10年前後かかるのが一般的だ。2013年にメンバー国となったクロアチアが加盟申請したのは03年。モンテネグロは08年に加盟申請したが、いまだに実現していない。

加盟交渉では35の分野での個別の協議を終える必要がある。法や自由、環境、税制、金融サービス、モノや人の自由な移動など幅広い分野でEU基準に合わせなければならない。35分野の改革のめどが立った後、再び全加盟国の同意を得て加盟が実現する。

最大の障害の一つは、ウクライナでなお深刻な公職者の汚職だ。ショルツ独首相は16日、「民主主義や法の支配」などでウクライナ側に課題があると指摘。同国のゼレンスキー大統領は16日、独仏伊首脳らとの会談を受けて「ウクライナはEUの加盟に向けて必要な作業を実行する用意がある」と強調した。

世界銀行によると、ウクライナの人口は20年で約4400万人。独仏伊に続き、スペインと肩を並べる。一方で1人当たりの国内総生産(GDP)はEU加盟国で最も低いブルガリアの半分に満たない。

EUに加盟すれば域内バランスが大きく変わるのは確実だ。職を求める移民が西側に押し寄せたり、EU内の格差是正を目的にした予算がウクライナに流れたりする可能性が指摘されている。

申請から4カ月足らずで加盟候補国と認めた場合、他の候補国から不満が出そうだ。北マケドニアやアルバニアなどの手続きが進んでいないためだ。』