南京条約

南京条約
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E6%9D%A1%E7%B4%84

『南京条約(ナンキンじょうやく)とは、1842年に阿片戦争を終結させるため、清とイギリスの間で結ばれた講和条約。江寧条約ともいう。

南京条約を記した原本は、のちに中華民国が受け継ぎ、香港返還直前は台北市で一時期展示されていた。 』

『概要

1842年8月29日(道光22年7月24日)、南京近くの長江上に停泊したイギリス海軍戦列艦コーンウォリス艦上で、イギリス全権代表ポッティンジャーと清国全権代表で欽差大臣の職にあった耆英によって締結された。
条約の内容

 香港島割譲
 賠償金2,100万$を四年分割で支払う
 広州、福州、廈門、寧波、上海の5港開港
 公行の廃止による貿易完全自由化

附属協定

その後、南京条約の附属協定として「五口通商章程」と「虎門寨追加条約」(1)領事裁判権(治外法権)(2)片務的最恵国待遇(3)協定関税(関税自主権喪失)(不平等条約)が締結された。

この条約により、それまで強い制限下でヨーロッパとの交易を広州1港で行っていた体制「広東システム」が終結した。

1860年に九龍が租借圏に加えられ、ハチソン・ワンポアのルーツとなった。
関連項目

虎門寨追加条約 - 1843年に清朝とイギリスと締結した南京条約の追加条約
望厦条約 - 1844年アメリカ合衆国と結んだ南京条約と同類の条約。
黄埔条約 - 1844年にフランスと結んだ南京条約と同類の条約。
大英帝国 』