ドイツ政府のウクライナ戦争に対する態度が変だと、みんな思っているだろう。

ドイツ政府のウクライナ戦争に対する態度が変だと、みんな思っているだろう。
https://st2019.site/?p=19799

『Kamil Galeev 記者による2022-6-15記事。

   露軍の地対空ミサイル「S-300」を制御するマシン語プログラムは、独ジーメンス社の「Sinumerik 840D」と「Heidenhahn」社のソフトウェアを使って書かれている。これは少しも秘密ではない。

 ドイツ政府のウクライナ戦争に対する態度が変だと、みんな思っているだろう。
 ドイツ経済とロシア経済は、あきれるほどの相互依存関係にあるのだ。

 プーチンがロシアの軍需産業を再建するときに、ドイツの工作機械と部品が、それを実現した。
 ドイツに次ぐ対露軍事協力者が、じつはフランスである。

 ロシアを他の国になぞらえるなら「鉄道網の発達したブラジル」であろう。
 ロシアでは貨物も旅客もすべて鉄道頼みである。
 ところが新型貨車のためのカセットベアリング(2重リングの中にコロが封入されている)は国産できなくなっており、すべてが西側からの輸入頼みだ。

 西側技術の継続的な輸入なしには、ロシアは、早晩、化石燃料の輸出すらもできなくなる。

 なぜノルドストリーム1のガス送量は40%減ったか?
 コンプレッサーの修理をジーメンスが請け負っていたのだが、カナダが厳密な対露制裁をしている関係で、その修理器材を戻して据えつけることができないのである。

 ドイツ政府はメーカーに対する統制が伝統的に弱い。だからメーカーが勝手にロシアとつるんで、軍需工場用に精密工作機械をバンバン売りまくった。大儲けしたドイツメーカーがドイツの政治家の選挙当落を左右してきた。かくして今のような腐れ縁の関係ができてしまったのだ。

 2014のクリミア占領でドイツはロシアに兵器部品を売りにくくなった。これさいわいとそれにつけこんで儲けようとしたのがフランスだった。だからドイツの次にはフランスが腐っているのである。

 しからばなぜ中共のメーカーは、独仏の代わりにならないか?
 理由は、ロシアの軍需工場も、国家指導部も、それを希望してないから。
 表向きの発言では、ロシアは中共との友好関係を強調する。だがプーチンは、独仏技術の代わりに中共技術を入れるつもりなど、ぜんぜん無い。

 もし、ドイツ製の部品を密輸して「ロシア製です」とごまかしているロシア人がいても、ロシア司法は彼を見逃す。しかし、中共製の部品でそれをやったら、その貿易に関係した者は投獄される。

 これはロシア司法の建前とは関係がない。司法の運用で、そうなるのである。

 カルガとツーラは隣り合った工業地帯だが、カルガは西側部品が手に入らないため、ビジネスが崩壊しつつある。
 ツーラは昔から兵器工廠なので、政府が支えて雇用を保っている。

 この戦争で逆に儲かって景気が好いのは、ロストフ地区の農業だ。

 キミがロシアの労働者なら、軍需工場に就職しているのが安全。民需工場はこれから全滅する。

 戦後のロシアはシナとくっつくのか? そうはなるまい。
 人口の動きが予言的である。人々が皆、ウクライナの東隣にあるクラスノダール(ロストフ地区)に向って移動しているのだ。南西部域である。寒いところではもう生きられなくなると予感しているのだろう。

 ロシアの人口は縮みつつある。その収縮焦点が、まさにウクライナなのだ。ロシア人の集合意識が、ウクライナへの移住を目指している。』