2020年の比較では、露軍は稼動状態の軍用装甲車両を1万9783両保有していたのに対してウクライナ軍のそれは2870両にすぎなかった

2020年の比較では、露軍は稼動状態の軍用装甲車両を1万9783両保有していたのに対してウクライナ軍のそれは2870両にすぎなかった
https://st2019.site/?p=19795

『SOFREP の2022-6-14記事「Check out the Combat Truck Conversions ‘Car4Ukraine’ is Making for Battle」。
   2020年の比較では、露軍は稼動状態の軍用装甲車両を1万9783両保有していたのに対してウクライナ軍のそれは2870両にすぎなかったという。

 「カーフォーユクライン」というボランティア団体。ドイツ、ポーランド、リトアニア、英国、スカンジナビアから中古のピックアップトラックを調達し、それを武装型に改造してウクライナ軍に納品している。

 元手は、クラウドファンディング。

 車体は4×4で、2000cc.以上のエンジンでなくては基本的にダメだ。
 すなわち、トヨタの「ハイラックス」と「ティンドラ」。
 フォードの「レンジャー」。
 日産の「ナヴァラ」。
 ジープの「グラディエーター」
 マツダの「BT-50」または「B2500」。
 いすゞの「D-Max」。
 三菱の「L200」。

 これらは欧州域で市販されているので、スペアパーツの入手に苦労しない。

 車体を手に入れたら、ウクライナ国内のガレージで、鋼鈑を増着して、運転席の四周と底面を、手榴弾レベルの爆発破片からガードする。さすがに小銃弾を止められるほどの厚さにするのは無理だ。

 一枚の写真。シヴォレーの「コロラド」を改造してある。足回りの「ショック」は、ヘヴィーデューティー仕様に交換してある。さもないと増えた重さを支えられない。

 彼らはすでに60台以上、改造作業を成し遂げた。

 ※東條英機は昭和19年に入るまで、国家総力戦では何をしなければならないか、気付けなかった(気付いたときは下野させられる直前。且つ、国内資源枯渇と同時)。それは「飛行機をもっと作れ」(ほかの物は作るな)ということだった。クリミア半島の「策源」と南部の攻防焦点になっている諸都市を結ぶ鉄道線路を切断するのに、「挺進隊」方式では無効である。こんなことを、ウクライナ軍はようやくに学習しつつある。便衣のレジスタンスですら敵の歩哨線を越えて近寄れぬというのに、ピックアップトラックでどうやって潜行するのか? 数キログラムの爆薬を線路上におろしてやれる、業務タイプのマルチコプター型ドローンか、十数キログラムの爆薬を内臓した固定翼の特攻無人機か、どちらかしか手段はないのだ。しかも10機や20機の散発攻撃ではダメ。100機単位で執拗に爆破をし続けないと、鉄道はたちまちに復旧する(朝鮮戦争はそのデータの宝庫)。クラファンで資材を募り、ガレージで改造するべきなのは、そうした「飛行機」なのだ。その「飛行機」を運搬する車両は、生半可な改造車よりも、無改造の乗用車や軽トラ、オートバイ牽引の荷車が、敵の目を惹かず、ステルス性が高い。ゼレンスキーは、敵が有利な大砲に対してこっちも大砲で応戦しようなどという、芸の無い戦争指導を考えていて、勝ち目があると思うのか? 』