日豪、共同訓練の拡充など確認 防衛相会談

日豪、共同訓練の拡充など確認 防衛相会談
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA152MF0V10C22A6000000/

『岸信夫防衛相は15日、防衛省で来日中のオーストラリアのマールス副首相兼国防相と会談した。12日もシンガポールで会談しており、軍事力を増強する中国への対処を念頭に緊密に連携する姿勢を打ち出した。共同訓練の拡充などで一致した。

岸氏は日米豪3カ国の防衛相会談や会食を含め、マールス氏と直近の5日間のうち4日間で顔を合わせた。5月に発足した豪新政権と地域情勢の認識などをすりあわせ、日豪の結束を強める狙いがあった。

岸氏は終了後の共同記者発表で「実戦的な防衛協力や相互運用性の向上のために各領域で日豪の訓練や活動をさらに高度化させると確認した」と述べた。

マールス氏はインド太平洋地域に関して「第2次世界大戦後に最も戦略的に複雑な環境に直面している」と指摘した。日豪両政府が1月に結んだ円滑化協定について「強力に支持する」と明言した。自衛隊と豪軍が互いの国を訪問しやすくする協定だ。』