中国外務次官が異動 次期外相候補から脱落との観測

中国外務次官が異動 次期外相候補から脱落との観測
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM149MQ0U2A610C2000000/

『【北京=羽田野主】中国国務院(政府)は14日、中国外務省の楽玉成次官がメディアを管理する国家ラジオテレビ総局の副局長に就くと発表した。楽氏は王毅(ワン・イー)国務委員兼外相の後継の有力候補の一人だとみられていたが、外相候補から外れたとの見方が広がっている。

楽氏は中国共産党序列200位以内の中央委員に次ぐ中央委員候補で、中国外務省内では王氏に次いで高位にある。王氏が2023年3月に外相を退く見通しで、楽氏が有力候補だとみられてきた。ロシア通として知られる。敵対的と見なした相手国を威嚇する「戦狼外交」を推進したとの指摘もある。』

CCPの親ロシア派が権力を失う?次の外相が突然外務省から異動する
2022年05月26日 16:04 共有して転送
https://www.bannedbook.org/ja/bnews/cnnews/20220526/1737708.html

 ※ まあ、「そーゆーこと。」、なんだろう…。

『ロシア語学科を卒業し、ロシア語に堪能で、2回派遣されました 中国 居住者 俄?斯 大使館、一般的に次のように見られます 中国 ロシアを知っていて、外交界で親ロシア人である人 CCP外交 初代副大臣 Le Yucheng 、予期せず転送されました 外務省 、中国の次期外相のポストからほとんど隔離されています。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の訪問中(左) 中国共産党 州大統領 習近平 (右)会談後、「中露関係に上限はなく、ターミナルもなく、ガソリンスタンドしかない」と述べた。楽玉成(小写真)共産党外務副大臣中国の、外務省から突然移管されました。複合画面。プロフィール写真

ロシア部を卒業した中国共産党初代外務副大臣の楽玉成は、ロシア語に堪能であり、ロシアの中国大使館に二度派遣されており、外界からは中国共産党のロシアに友好的で親ロシア派であり、外務省を去った後、彼は中国の次期外相のポストからほとんど隔離された。

「中露関係には上限がなく、ターミナルもなく、ガソリンスタンドしかない」と述べたのは、中国共産党の楽玉成外務副大臣だった。しかし、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がロシア軍にウクライナへの侵攻を命じて以来、中国はロシアを公に非難していませんが、全世界の敵にならないように、あえてロシアに近づきすぎていないことは明らかです。楽玉成は冒頭でこの文章を言ったが、それも「多すぎる」と見なされ、変更の余地はなかった。

楽玉成が外務省から突然移管されたことで、ロシアが世界からますます孤立するにつれて、中国外務省の親ロシア軍も権力を失うように思われる。

今日(5/26)の香港メディアは情報源を引用し、かつては中国の次の中国と見なされていたと報じた 外務大臣 人気のある候補者である楽玉成副外務大臣は、国家広播電視局に異動するが、彼は局長または副局長を務めるだけであり、まだ意見が分かれている。

サウスチャイナモーニングポストは、名前のない情報源を引用して、58歳の楽玉成が中国のラジオ、映画、テレビの国家管理局長になり、大臣レベルの役人に昇進したと報告しました。

しかし、星島日報は、楽玉成が国家広播電影局の副局長であり、依然として副大臣レベルにあると報告した。国家広播電影局の現局長であるニー・チェンシーは、7月に65歳の定年に達する予定であり、楽玉成は彼の後任候補ではない可能性があります。

現在、楽玉成の個人的な紹介は、中国共産党の外務省のウェブサイトでまだ見ることができます。

報告書によると、楽玉成は中国共産党外務省の副大臣であり、日々の外交業務を担当しており、中国共産党中央委員会の副大臣は副大臣である。外務大臣。現在の中国の王毅外相は10年近く在任しており、68歳を超えています。LeYuのコストは次の外相の 大きな当たり 。

星島日報は、この異動は楽玉成が外相の地位に就くことを意味すると信じており、なぜ彼が外交界から脱落したのかは明らかではない。

サウスチャイナモーニングポストは、北京が米国および西側諸国との世論戦争における地位を強化していると述べた。楽玉成はこれまでメディアや広報の経験はありませんが、近年、中国の外交的立場について公に頻繁に語っています。

中国の習近平大統領とロシアのウラジーミル・プーチン大統領が2月に北京で首脳会談を行った後、楽玉成は会談後に中国の国営メディアに首脳会談を紹介した際に次のように述べた。ただのガソリンスタンドです。」

5月6日の20カ国のグローバルシンクタンクオンラインダイアログでのスピーチで、彼は米国がロシアとウクライナの戦争を利用して「戦争を幸運にする」、「ウクライナを犠牲にしてヨーロッパを支配し、ロシアを弱体化させ、継続したい」と批判した。その覇権。」

広報によると、楽玉成は南京師範大学のロシア語文学部を卒業し、1980年代に外交官としてのキャリアをスタートさせました。彼はソビエト連邦と外務省の東ヨーロッパで働きました。大使を務めました。 2013年にインドへの中国大使として。

2016年、楽玉成はCPC中央委員会の外務主要グループ事務局の副所長を務め、2018年には外務副大臣を務めました。』