ロシアは停戦へ直接対話を ウクライナ大統領、頭越しに不快感

ロシアは停戦へ直接対話を ウクライナ大統領、頭越しに不快感
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022061500168&g=int

 ※ やはり、陰に陽に、「停戦へと持っていく」ような「圧力」があると見える…。

 ※ おそらく、一方当事者であるはずの「ウクライナ」抜きで、「ロシア」の言い分に添った感じの「力学」が働いている感じなんだろう…。

『ウクライナのメディアによると、ゼレンスキー大統領は14日、東部ドンバス地方でロシアが猛攻を続ける一方、停戦交渉が滞っている現状について「(プーチン政権が)戦争を終わらせたいのなら、対話のテーブルに着かねばならない」と注文を付けた。デンマークの報道各社とのオンライン会見で語った。

黒海穀物輸出、進展なし ロシア外相「ウクライナに責任」―トルコ、停戦仲介に意欲

 また「ウクライナ抜きでウクライナに関する交渉を行うことは不可能だ」と指摘した。黒海経由の穀物輸出をめぐり、頭越しでロシア・トルコ外相会談が8日に行われたことなどに不快感を示したとみられる。
 ゼレンスキー氏は、仲介者を入れるか否かは「正直どちらでも同じと思う」と表明。ロシアが軍を撤退させる形で「戦争を終わらせる用意があるのならば、私は(直接対話に)臨む用意がある」と強調し、あくまで会談に応じるようプーチン大統領に求めた。』