米商用EVメーカーのELMS、経営破綻へ

米商用EVメーカーのELMS、経営破綻へ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN13C270T10C22A6000000/

『【ニューヨーク=堀田隆文】商用電気自動車(EV)を手がける米新興企業エレクトリック・ラスト・マイル・ソリューションズ(ELMS)が米連邦破産法7条の適用を申請し、経営破綻することが分かった。同社は2021年夏に特別買収目的会社(SPAC)との合併を通じて上場したが、その後、当時の経営陣の不透明な株式売買を巡って調査を受け、あわせて事業見通しも見直すと公表していた。

連邦破産法7条は清算型の破産手続きで、ELMSは12日に適用申請を発表した。理由について「新しい監査法人を確保し、追加資金を獲得することが極めて困難な状況となった」とし、会社の信用が毀損していると説明した。

旧経営陣への調査に伴い、過去の財務諸表についても信頼できないものになったと表明していた。経営陣を刷新し再建を目指したが、経営環境は厳しく、今回の申請を決めた。

【関連記事】

・米SPACブームに逆風 SEC監視強化・株安、調達額9割減
・SPACブーム失速、20兆円塩漬け 買収進まず「空箱」が浮遊
・SPACブーム終焉 宴の後始末始まる(NY特急便)』