米中、アジア秩序巡り火花 台湾有事にらむ

米中、アジア秩序巡り火花 台湾有事にらむ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN111JB0R10C22A6000000/

『アジアの安全保障秩序をめぐる米国と中国の駆け引きが一段と激しくなってきた。オースティン米国防長官は11日、台湾有事に備えて軍事力を向上する意向を明言した。中国はカンボジアや南太平洋に足場を広げて有事の米介入阻止を狙う。10日には米中の国防相会談が実現したが、米中対立を管理していく困難さは変わっていない。

【関連記事】米国防長官「台湾有事へ米軍の能力向上」 中国を抑止

「我々の政策は変わっていない。しかし残念ながらそれは中国にあてはまらないようだ」。オースティン氏は11日、シンガポールで開いているアジア安全保障会議(シャングリラ会合)で演説時間の多くを台湾政策に割いた。中国は中台統一に向けて武力行使を排除しておらず、台湾海峡の緊迫が高まる責任は中国にあると断じた。

中国の脅威拡大を踏まえて「台湾の人々の安全や社会、経済システムを危険にさらす武力行使や別の形の威圧行為に対抗する我々の能力を維持していく」とも言明した。台湾関係法に盛った文言をなぞりながら、軍事力強化を明言した。従来の公式発言よりも踏み込んだ表現に、有事への危機感を強くにじませた。

シャングリラ会合に合わせ、10日にはバイデン米政権下で初の米中国防相会談が実現。台湾をめぐり激しい応酬となった。

オースティン氏が「台湾海峡の平和と安定が重要だ」と唱え、中国の魏鳳和国務委員兼国防相は米による台湾への武器売却などを念頭に「中国の主権と安全を深刻に損なっている」と非難した。魏氏は「いかなる『台湾独立』のたくらみも断固として粉砕し、祖国統一を断固として擁護する」と断じた。

バイデン米大統領は5月下旬、台湾有事に対して軍事的に関与すると明言したばかりだ。指導者の意思と、その意思を遂行する軍の能力がそろえば、武力行使の信ぴょう性が高まり抑止力強化につながりやすい。

12日のシャングリラ会合では魏氏が登壇する。オースティン氏の演説に改めて反論する可能性が高い。

台湾を核とする米中の対立は太平洋の各地に飛び火している。代表の一つが南太平洋だ。
米国の同盟国であるオーストラリアのマールス副首相兼国防相は11日の講演で「太平洋島しょ国の安全保障上の課題は、(豪州が関与する)太平洋諸島フォーラム(PIF)などを通じた地域の合意と手続きにのっとった解決策が必要だ」と指摘した。地域島しょ国10カ国との包括的な安保協力の協定締結を模索する中国にクギを刺した。

太平洋島しょ国は小笠原諸島や米領グアム、パプアニューギニアを結んだ「第2列島線」の付近や外側に位置する。中国軍がこの地域に足場を築けば、台湾や南シナ海の有事で米軍や同盟国の軍の接近を阻止する戦略を強化できる。

具体的には米軍と豪軍の連携遮断や、米軍の拠点があるグアムへの攻撃を仕掛けやすくなることが考えられる。

火種はカンボジアにも及ぶ。米国防総省高官はカンボジア南西部のリアム海軍基地の拡張計画をめぐり、中国軍が基地の一部を独占的に利用できるようになると指摘した。外国人が基地周辺を訪問するときには中国の軍人が活動していることを隠蔽していると非難し「透明性の欠如は異常だ」と断じた。

カンボジアのティア・バン副首相兼国防相は11日、中国軍の基地の独占的な利用は「事実ではない」と否定しつつ、中国からの経済支援については「主権国家として支援を受ける権利があり、驚くべきことではない」と主張した。「どの国の船舶でも緊急に修理が必要な際は修理を受けることができる」とも述べた。

中国軍がカンボジアを拠点にすれば、南シナ海の南方での活動を増やしやすくなるとみられ、実効支配の強化につながる可能性がある。南シナ海は東南アジア諸国だけでなく、台湾へのエネルギーや物資の輸送路にあたり、航行を妨害する能力が高まるほど台湾への圧力にもなる。

オースティン氏は11日の演説で「責任ある形で緊張を管理し、紛争を防ぎ、平和と繁栄を探求するために我々は我々の役割を果たす」と語り、中国との軍事衝突を望まない立場を重ねて示した。

10日の魏氏との会談では双方が軍事衝突を回避すべきだとの認識と対話継続で一致したが、米中国防当局の対話のパイプはまだ細く、競争の管理が円滑に進むかどうかは不透明だ。

マレーシアのヒシャムディン国防相は11日、「意図しない事故が悪循環を招き、制御不能になることを最も恐れている」と語り、米中の偶発的な衝突や対立激化への懸念を示した。

(シンガポール=中村亮、中野貴司、松本史)

【関連記事】
・米中が台湾巡り応酬、衝突回避は一致 国防相初会談
・日米豪防衛相、相互運用性の向上へ演習増 会談で確認
・中国、カンボジア海軍基地の拡張支援 南シナ海問題に影 』