日米豪防衛相、相互運用性の向上へ演習増 会談で確認

日米豪防衛相、相互運用性の向上へ演習増 会談で確認
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA112OE0R10C22A6000000/

『【シンガポール=根本涼】岸信夫防衛相は11日、訪問先のシンガポールで米国のオースティン国防長官、オーストラリアのマールス副首相兼国防相と会った。会談後、記者団に「インド太平洋地域の平和と安定のために日米豪3カ国の防衛協力を強化すると確認した」と明かした。

3カ国は共同声明を発表した。日米豪の演習を増やし、相互運用性と即応性の向上に取り組むと明記した。

自衛隊が平時に外国軍の艦船などを警護する「武器等防護」を巡り、3カ国の活動で実施するよう調整を進める。自衛隊は2021年、同盟国である米国以外で初めて豪海軍の艦艇を警護した。

日米豪は軍事力を増強する中国を念頭に、東シナ海で現状変更を試み威圧的で一方的な行動をとることなどに反対すると確認した。台湾海峡の平和と安定の重要性も強調し両岸問題の平和的解決を促した。

中国が結びつきを強める太平洋島しょ国との協力も深めると一致した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOUA112OE0R10C22A6000000&n_cid=DSPRM1AR08 』