宏池会

宏池会
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%8F%E6%B1%A0%E4%BC%9A

『宏池会(こうちかい)は、自由民主党の派閥。2021年12月現在において、自由民主党内で最古の派閥である。

通称は岸田派。宏池会は池田勇人が佐藤栄作と袂を分かって旗揚げしたのが始まりで、通称の変遷としては、池田派→前尾派→大平派→鈴木派→宮澤派→加藤派[注釈 1]→堀内派→古賀派→岸田派。 』

『概要

木曜研究会が前身の政策科学的機構としては、宏池政策研究会と定義される。吉田茂が率いた自由党の流れをくむ、現在の平成研究会と共に保守本流とされる(宏池会から分裂した志公会(麻生派)や有隣会(谷垣グループ)もこれに含まれる)。

吉田茂の直系の弟子である池田勇人によって創立されて以来[1]、大平正芳・鈴木善幸・宮澤喜一・岸田文雄と5人の内閣総理大臣・自民党総裁を輩出、野党時代にも河野洋平、谷垣禎一と2人の自民党総裁が出ており、自他共に名門派閥と見なされてきた。更に、宏池会に源流を持つ分派の麻生太郎や、かつて所属経験のある菅義偉も総理・総裁となっている。

元来、池田を取り巻く官僚出身の議員やスタッフを中心に形成されたという沿革もあり、今日に至るまで政策に通じた議員が多く在籍する。しかし、政策に明るいものの政争に暗いと評され、「公家集団」と揶揄されることもしばしばみられる[2][3]。

当初から離合集散を繰り返してきた自民党各派閥に比べて、各会長の下で一致結束して派閥を継続してきたとされ、自民党草創期の名称を今日まで維持している唯一の派閥でもある。しかし、後述のように派内抗争とも無縁ではなく、特に1993年の野党転落を機に派の主導権争いが激化してからは分派や合流を繰り返し、先述のように現在では宏池会、志公会(麻生派)や有隣会(谷垣グループ)と3つの集団に分かれている。

「大宏池会構想」も参照

出身地

創設者の池田を始めとして広島県に圧倒的に強く、そのほか独立した派閥も含めると、領袖の出身地・地盤が京都府、福岡県、東北地方に偏っている[注釈 2]。

政策

政策面では、保守リベラル派に属し[4]、特に安全保障では日米関係を重視しながらも、ハト派的傾向が見られる。第1次小泉内閣以降、タカ派が主流化する中、宏池会再結集においてはリベラル派の再結集をアピールした。

名称について

「宏池会」の名は、後漢の学者・馬融の「高光の榭(うてな)に休息し、以て宏池に臨む」という一文(出典は『広成頌』)から、陽明学者安岡正篤が命名したものである。池田勇人の「池」の字、池田の出身地である広島の「ひろ」を「宏」に掛けているともいわれる。

事務所

創設以来、赤坂の日本自転車会館(のちの赤坂貿易会館、日本短波放送会館)1号館に事務所が置かれていたが、再開発によりビルの取り壊しが決定したため、永田町の全国町村会館に移った。

酒豪

底なしで知られた創設者の池田以降、前尾、宮澤、岸田ら伝統的に酒豪の揃った派閥として知られ、会合や宴席では部外者が唖然とする光景が繰り広げられている[注釈 3]。

沿革

結成

1957年6月[5]に池田勇人を中心に結成された。

池田は、旧自由党の吉田茂派(吉田学校)を同門の佐藤栄作(周山会)と分ける形で派閥を形成し、池田の下には前尾繁三郎・大平正芳・黒金泰美・鈴木善幸・宮澤喜一・小坂善太郎など官僚系を中心とした人材が結集した。また、派のブレーンにはやはり大蔵官僚出身の下村治・田村敏雄などが集まり政策を立案していった。

前尾派・大平派時代

大平正芳

池田の退陣・死去後は前尾繁三郎が主導権を握ったが、佐藤四選を許した前尾に飽き足りない田中六助・田沢吉郎・塩崎潤ら若手議員は大平正芳を担いで、前尾を会長から下ろした(大平クーデター)。

大平派においては、伊東正義・斎藤邦吉・佐々木義武が「大平派三羽烏」と呼ばれた。大平は総理総裁に就任すると椎名裁定以来の総幹分離の慣例を破って総裁派閥である斎藤邦吉を幹事長に起用し、大平―斎藤ラインで1979年衆院選を行い、自派閥衆議院議員を50名に増やした。

鈴木派・宮澤派時代

鈴木善幸

宮澤喜一

1980年衆院選の最中に大平が急逝、鈴木善幸が宏池会代表(のち会長)・首相となる。鈴木は元来、大平を総裁とすべく尽力してきた裏方の調整役であり、派閥を率いて総裁を目指す人物とはみなされていなかったが、反主流派の造反に端を発する総選挙の中での大平急逝という特異な状況下、党内融和を求める空気の中で、同じ宏池会の実力者でありキングメーカーの田中角栄とも関係が良好な鈴木に白羽の矢が立つことになった。

この時期の宏池会では、大平の後継を巡り宮澤喜一と田中六助の間に「一六戦争」と呼ばれる抗争が繰り広げられていたため、鈴木の代表就任は決着がつくまでの当面のつなぎという性格も強かった。

宮澤は早くから将来を嘱望される存在であったものの、人望と政治的手腕に欠け、一方の田中(六)は鈴木善幸の擁立や新自由クラブとの連立工作などで存在感を増してゆく。

背景には宮澤嫌いで知られる田中角栄と、宮澤を好んだ福田赳夫による「角福戦争」がある。

鈴木退陣後は中曽根康弘総裁の下で「半主流派」などと揶揄される。

二階堂擁立構想では、鈴木ら派幹部が主導的役割を演じた。

宮澤と田中(六)の後継争いは田中(六)の死去による宮澤の継承で落ち着いた。

宮澤は竹下登、安倍晋太郎とポスト中曽根を争うが、1987年の「中曽根裁定」により竹下に敗れた。

宮澤は1991年に竹下派の後押しもあって念願の総裁に就くが、その竹下派の分裂が引き金になり、自民党は野党に転落することになった。

野党転落後は宮澤が会長に留任したまま、宏池会の河野洋平が総裁となり、1994年に自社さ連立を実現させ、与党に復帰する。

しかし河野総裁の任期中から宮澤の後継争いも絡んで加藤紘一と河野との対立が深刻化し(「KK戦争」)、加藤が1995年の総裁選で橋本龍太郎を支持したこともあり、河野は総裁続投断念に追い込まれる。河野は総理に就任しない最初の総裁となった。

宮澤後継を巡る対立はその後も燻り続けたが、宮澤から加藤へ派閥の継承が決定的になると1998年12月に河野は派閥を離脱、派内の反加藤議員を結集して1999年1月に大勇会を結成した。長らく結束を保ってきた宏池会にとって最初の分裂だったが、翌年にはさらなる激震に見舞われることになる。

加藤の乱と派閥の分裂

2000年11月に野党から提出された森内閣不信任案に加藤は同調。しかし派閥全体を動かすことができずに尻すぼみに終わった(加藤の乱)。

結果、加藤を支持するグループと、反加藤グループ(堀内派)に分裂し、両派が互いに「宏池会」と名乗る異常な事態となった(加藤グループは、2年後に加藤が秘書のスキャンダルで議員辞職に追い込まれて小里貞利が継承。その後小里が政界引退し、2005年9月26日の派閥総会で谷垣禎一が会長に就任)。

宏池会分裂時の各派閥についての詳細は、以下の項目も参照。

宏池会 (古賀派)
宏池会 (谷垣派)

小泉政権

5年半の長期政権となった小泉政権においては、谷垣派は谷垣自身がほぼ一貫して重要閣僚を担っていたため事実上の主流派として政権を支える一方、堀内派は政権に対する距離が定まらず、2003年の総裁選などでも派内対立が激化した。

2005年のいわゆる郵政法案とその後の郵政解散を巡っては、堀内会長が反対票を投じて離党に追い込まれ、古賀も棄権票を投じたため誓約書を書かされた上でようやく公認を得るなど苦汁を舐めさせられている。

小泉の「脱派閥」方針で一貫して派閥の弱体化が進んだ時期だったが、相対的に小泉の出身派閥である清和会の存在感が増していくと、それに対する対抗の意味もあり、宏池会の再結集が語られるようになっていった。

宏池会結集構想

2006年に入ると、河野グループも含めた旧宮澤派の流れを汲む三派の再結集を目指す大宏池会構想が具体的に表面化した。

谷垣と河野グループ(当時)所属の麻生太郎がポスト小泉に名乗りを上げているため、2006年9月の自民党総裁選が終了した10月頃の合同で三派幹部の認識は一致しており、「大宏池会」への流れは加速していると見られてきた。

ところが、総裁候補を有しない丹羽・古賀派内部では若手議員を中心に安倍待望論が根強く、丹羽雄哉・古賀誠も事実上の安倍支持を表明、さらに丹羽・古賀派のベテランである柳澤伯夫が安倍陣営の選対本部長に就任(後に厚生労働大臣)。安倍が勝利した総裁選後の人事では丹羽・古賀派からは丹羽が総務会長に就任したのに加え、4人を閣僚に送り込み、河野グループ(2006年12月以降、麻生派)でも麻生外相が留任するなど主流派となったのと対照的に、谷垣派は完全に要職から外れた。さらに総裁選後は丹羽・古賀派の古賀系の議員による丹羽外しの動きが見られた。

2007年、安倍退陣後の総裁選においては総裁選の過程で早くから谷垣・古賀が派として福田康夫支持を打ち出し、対立候補の麻生を一転劣勢に追い込んだため「麻生包囲網」などと言われた。

福田政権においては古賀・谷垣自ら三役入りする一方で、麻生は入閣を拒否し反主流派に回った。かつての盟友である麻生・古賀の関係が冷え込んだのもこの時期である。

このように三派の関係や各派内部においても溝が生じたため、総裁選を過ぎた後は、大宏池会としての合流は困難な情勢となった。

古賀派・谷垣派の再合流

他方、上述の総裁選をきっかけに谷垣・古賀両派の関係は緊密化し、2007年末になって麻生派抜きの「中宏池会」として古賀派と谷垣派が2008年5月にも再合流することで両派閥が合意。これに伴い「宏池会」の名称で2つの派閥が並立する状態は7年ぶりに収束することになった。

その後、再合流は通常国会前が望ましいとの観点から2008年5月13日に前倒しされ、古賀が派閥会長に、谷垣が代表世話人に、堀内光雄が名誉会長に、逢沢一郎が事務総長に、それぞれ就任した。

中宏池会の成立により宏池会(2008年10月15日現在[6]、61人)は、清和政策研究会(2008年6月20日現在[7]、玉澤徳一郎含めて89名)、平成研究会(2008年2月13日現在[8]、69人)に次ぐ第3派閥となり、ハト派勢力として党内に影響を与えると見られた。

詳細は「中宏池会」を参照

総裁派閥に

谷垣禎一

自民党が野党に転落した第45回衆議院議員総選挙では宏池会も所属衆議院議員を25人と半減させたが、第1派閥の清和会、第2派閥の平成研がそれぞれ1/3に議席数を減らしたため、衆議院では第1派閥となった。

麻生総裁退任を受けた2009年9月の自民党総裁選では、谷垣禎一が勝利。

自派も含めて幅広く支持を集めての圧勝だったが、小野寺五典が自ら立候補を模索した上河野太郎支持に回ったほか、菅義偉も派閥を退会して河野を積極的に支持するなど、総裁選は派閥単位の動きよりは世代対立の様相を呈した。

宏池会が総裁派閥となるのは、皮肉にも前回の野党転落時の河野洋平以来14年ぶりだが、就任後もしばらくは離党者が相次ぐなど、厳しい党運営が続いた。

谷垣と菅は同じ日本海側出身として関係が深く、第174回国会の予算委では菅が民主党鳩山由紀夫・小沢一郎の金の問題を徹底的に追求した。

古賀派から岸田派へ

岸田文雄

しかし翌年の第22回参議院議員通常選挙で与党を過半数割れに追い込むと、各種地方選や2011年の統一地方選挙などでも勝利を重ね、総裁としての谷垣は一定の評価を得るようになっていった。

総裁再選を目指し、2012年自由民主党総裁選挙への立候補に意欲を示す谷垣は、出身派閥の領袖である古賀へ支援を要請した。

しかし古賀は「若い人へバトンタッチするべき」と述べて、谷垣への支援を拒否した。

派内の旧谷垣派議員らが反発する中、古賀は参議院議員の林芳正擁立に乗り出した。

出身派閥の支援を得られなくなった谷垣は脱派閥を打ち出し、党内最大勢力となった無派閥議員の支持を得ようとするも、幹事長の石原伸晃の立候補もあって推薦人の確保すらままならなくなり、執行部内の候補一本化を理由に最後は立候補の断念に追い込まれた。

次期総選挙における自民党の政権奪還が有力視される中、谷垣は総理の座を目前で逃すことになったが、こうした展開は皮肉にも、やはり宏池会出身の総裁であった河野洋平のケースと酷似したものだった[9]。

こうした状況に派内では対立が激化。

事態の収拾のため、古賀は会長職の辞任を表明した。

後任には谷垣側近の逢沢一郎を充て、派内の融和を図ろうとするも、谷垣系の反発は収まらず、逢沢や川崎二郎などの約10人の旧谷垣派出身議員が退会届を提出した。

逢沢らは、総裁退任後に宏池会への復帰を見送った谷垣や、谷垣の再選を支持した議員らと共に、「有隣会」を旗揚げし、宏池会は再び分裂した。

結局、新会長には古賀に近い岸田文雄(元沖縄・北方対策担当相)が就任し、ナンバー2の座長には林芳正が、名誉会長には古賀が就くこととなった。

これを受け、以後マスメディアなどでは岸田派と呼ばれるようになる。

総裁選での支援候補の敗北や、派閥の分裂で、求心力が大幅に低下した古賀は、第46回衆議院議員総選挙に立候補せず、政界を引退した。

岸田派

総選挙後に誕生した第2次安倍内閣では岸田(外務大臣)、林(農林水産大臣)、小野寺五典(防衛大臣)、根本匠(復興大臣)の4人が入閣した。

2014年9月3日に発足した第2次安倍改造内閣では林、小野寺、根本が閣外へ去り、岸田が留任、塩崎恭久(厚生労働大臣)、事務総長の望月義夫(環境大臣)が新たに入閣。後任の事務総長に宮腰光寛が就任した。

その後辞任した閣僚の後任として上川陽子、宮澤洋一、林がそれぞれ法務大臣、経済産業大臣、農林水産大臣として入閣し、合計6人となった。

その後は塩崎が退会したほか、2015年10月に発足した第3次安倍第1次改造内閣では岸田が留任したのみで、1名の入閣にとどまった[10]。

2016年は「加藤の乱」前後の派閥の長だった堀内光雄、加藤紘一、小里貞利が相次いで他界した。

2017年8月3日に発足した第3次安倍第3次改造内閣では上川が法務大臣、小野寺が防衛大臣再任、林が文部科学大臣、松山政司が内閣府特命担当大臣の4名が入閣し派閥最多。岸田は党の政務調査会長に就任した。

2019年7月21日、第25回参議院通常選挙では溝手顕正、中泉松司、大沼瑞穂、二之湯武史が落選した[11]。

2020年9月1日、同年9月14日に行われる自民党総裁選挙に岸田が立候補を表明した[12]。結果は内閣官房長官の菅義偉に敗れ、2位に終わった[13]。

2021年8月26日、菅の任期満了に伴い同年9月29日に行われる自民党総裁選挙に、昨年に引き続き岸田が立候補を表明した[14]。

1回目の投票で得票数は岸田がトップであったがいずれの候補者も過半数に届かなかったため決選投票の結果、河野太郎を破り、第27代総裁に選出され[15]、更に10月4日に第100代内閣総理大臣に選出された。宏池会所属の総裁は谷垣以来、総理は宮沢喜一以来となった。

なお、近年の自民党の総理大臣は在任中派閥を離れることが多かったが、岸田は総理就任後も宏池会会長にとどまっている[16]。

歴代会長

代 会長 派閥呼称 期間

1 池田勇人 池田派 1957年 – 1965年
2 前尾繁三郎 前尾派 1965年 – 1971年
3 大平正芳 大平派 1971年 – 1980年
4 鈴木善幸 鈴木派 1980年 – 1986年
5 宮澤喜一 宮澤派 1986年 – 1998年
6 加藤紘一 加藤派 1998年 – 2001年

  • 分裂※1 加藤派→小里派→谷垣派
    堀内派→丹羽・古賀派→古賀派 2001年
    7 堀内光雄 堀内派 2001年 – 2006年
    8 古賀誠※2 古賀派 2006年 – 2012年
    9 岸田文雄 岸田派 2012年 –

※1 加藤の乱をきっかけに、加藤派と堀内派に分裂
※2 谷垣派が古賀派に合流
※3 太字は首相(総裁)経験者

※4 代数、期間は宏池会公式HPに拠る

現在の構成

2021年12月現在。

役員
会長 会長代行 座長 副会長 事務総長 事務総長代行 事務局長 政策委員長 最高顧問

岸田文雄 根本匠 林芳正 (竹本直一)
(宮腰光寛)
(山本幸三) 根本匠 小野寺五典
松山政司
木原誠二 宮沢洋一 金子原二郎

※根本匠は会長代行と事務総長を兼任

衆議院議員

岸田文雄
(10回、広島1区) 根本匠
(9回、福島2区) 石田真敏
(8回、和歌山2区) 小野寺五典
(8回、宮城6区)
金子恭之
(8回、熊本4区) 北村誠吾
(8回、長崎4区) 平井卓也
(8回、比例四国・香川1区) 上川陽子
(7回、静岡1区)
寺田稔 
(6回、広島5区) 葉梨康弘
(6回、茨城3区) 石原宏高
(5回、比例東京・東京3区) 木原誠二
(5回、東京20区)
盛山正仁
(5回、比例近畿・兵庫1区) 岩田和親
(4回、比例九州・佐賀1区) 古賀篤
(4回、福岡3区) 國場幸之助
(4回、比例九州・沖縄1区)
小島敏文
(4回、比例中国・広島6区) 小林史明
(4回、広島7区) 武井俊輔
(4回、比例九州・宮崎1区) 辻清人
(4回、東京2区)
藤丸敏
(4回、福岡7区) 堀内詔子
(4回、山梨2区) 村井英樹
(4回、埼玉1区) 渡辺孝一
(4回、比例北海道)
西田昭二
(2回、石川3区) 深澤陽一
(2回、静岡4区) 林芳正
(1回・参院5回、山口3区) 石橋林太郎
(1回、比例中国)
神田潤一
(1回、青森2区)

(計29名)

参議院議員

松山政司
(4回、福岡県) 藤井基之
(3回、比例区) 水落敏栄
(3回、比例区) 金子原二郎
(2回・衆院5回、長崎県) 宮澤洋一
(2回・衆院3回、広島県)
磯﨑仁彦
(2回、香川県) 古賀友一郎
(2回、長崎県) 馬場成志
(2回、熊本県) 森屋宏
(2回、山梨県) 足立敏之
(1回、比例区)
小鑓隆史
(1回、滋賀県) 藤木眞也
(1回、比例区[17])

(計12名[18])

逸話

参議院議員の田中直紀(参2回・衆3回、新潟県)は、古賀派を経て中宏池会結成(2008年5月13日)にも参加していたが、無所属で民主党会派の衆議院議員・田中眞紀子の夫という立場でもあるため、2008年9月26日、「地元の事情」を理由に自由民主党に離党届を提出した。離党届が幹事長・細田博之預かりとなった後、10月15日に党本部から正式に離党を受理承認され、田中直紀は無所属となり、2009年8月に妻の田中真紀子と共に民主党に入党した。これは夫人からの選挙応援に差し障りがないようにするためと見られた[6][19][20]。』