ニカラグアがロシア軍に駐留許可 反米左派政権

ニカラグアがロシア軍に駐留許可 反米左派政権
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB120VX0S2A610C2000000/

『【サンパウロ=共同】中米ニカラグアの反米左派オルテガ大統領は11日までに、緊急事態などの際にロシア軍の兵士や航空機、艦艇の駐留を許可する大統領令を出し、官報に掲載された。首都マナグアと米首都ワシントンの距離は約3千キロで、米本土への脅威となる可能性がある。

7日付の官報によると、許可の期間は7月1日から12月31日まで。「交流や人道支援、緊急事態時の相互利益」などが目的としている。ニカラグア軍との特別作戦の訓練をするためロシア軍部隊を受け入れることも承認した。

メキシコや中米の近隣国、キューバ、米国の軍の駐留なども許可したが、米軍の駐留には「ニカラグア軍と事前に計画と調整の上で」という文言が加えられている。

ロシア外務省のザハロワ情報局長は大統領令を受けて9日「ニカラグアと開かれた透明性の高い協力関係を続けていく。大統領令で駐留を許可されたのはキューバやメキシコ、ロシア、米国などで、何の驚きもないことを強調しておく」との声明を出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOCB120VX0S2A610C2000000&n_cid=DSPRM1AR08 』