ウクライナ兵の死者1万人に 政府高官、東部で犠牲拡大

ウクライナ兵の死者1万人に 政府高官、東部で犠牲拡大
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB113YZ0R10C22A6000000/

『ウクライナのアレストビッチ大統領府長官顧問は10日、ロシアによる侵攻開始以降でウクライナ兵の死者が1万人ほどに達したとみられると明らかにした。インターネットで配信された番組で語った。東部での戦闘が激化し、犠牲者数はさらに拡大するとみられる。

ウクライナ軍の全体的な死者数については、ゼレンスキー大統領が4月半ばの米メディアの取材に対し、2500~3000人にのぼると説明していた。6月9日には別の政府高官が「前線で毎日100~200人のウクライナ兵が死亡している」と発言した。6月初めに「1日60~100人」(ゼレンスキー氏)とされた犠牲者数が急増したと受け止められていた。

ロシア軍でも多くの死傷者が出ているとみられる。英国防省は5月下旬に、侵攻開始からわずか3カ月間で、ロシア兵の死者数がソ連によるアフガニスタン侵攻(1979~89年)と並ぶ1万5000人規模にのぼったとの分析を発表した。ロシアは1351人が死亡したと発表した3月下旬以降は更新を控えている。ウクライナ側はロシア兵3万人以上が死亡したと主張している。

【関連記事】
・ゼレンスキー氏、黒海封鎖「ロシア制裁を」食料危機警告
・侵攻前警告「ゼレンスキー氏、聞く耳持たず」 米大統領
・ウクライナ国防省「ロシアはあと1年戦争継続できる」 』