AISを切って非法的に操業している、全長30フィート以上あるすべての漁船の所在密度を示す全世界MAPを公開した。

AISを切って非法的に操業している、全長30フィート以上あるすべての漁船の所在密度を示す全世界MAPを公開した。
https://st2019.site/?p=19752

『The Maritime Executive の2022-6-8記事「On World Oceans Day, Global Fishing Watch Unmasks Global “Dark Fleet”」。

    AISで世界の漁船の動きを監視している団体「グローバル・フィッシング・ワッチ」が、AISを切って非法的に操業している、全長30フィート以上あるすべての漁船の所在密度を示す全世界MAPを公開した。
 データは、欧州宇宙機関が打ち上げた「センティネル1」衛星のSAR(合成開口レーダー)から得られている。それとAISをつきあわせて、怪しい漁船を炙り出したのだ。分析には、マシン・ラーニングが駆使された。

 案の定、おびただしい支那漁船が意図的にAISを切って北鮮EEZ内で操業していた実態が、白日の下に曝された。』