中国の対ロシア輸入、5月8割増に拡大 原油の調達増か

中国の対ロシア輸入、5月8割増に拡大 原油の調達増か
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM099EB0Z00C22A6000000/

『【北京=川手伊織】中国税関総署が9日発表した5月のロシアからの輸入額(ドル建て)は102億ドル(約1兆3700億円)と、前年同月より80%増えた。遡れる1993年1月以降で初めて100億ドルを上回り、増加率も4月(57%)から拡大した。同国からの輸入の5割を占める原油の調達を増やしたためとみられる。

詳細な輸入品目は20日に公表する予定だ。金融情報会社リフィニティブのデータから推計すると、中国のロシア産原油の海上輸入量(パイプライン経由除く)は5月に日量80万バレル程度と、1月に比べ4割以上増加した。米欧などの経済制裁で買い手が減ったロシア産を比較的安く調達したとの見方がある。

5月に全世界から輸入した原油は金額ベースで、前年同月を81%上回った。国際商品市況が高騰しているほか、数量ベースでも12%増えたためだ。数量の伸びは4月の7%から高まった。

一方、5月のロシア向け輸出は9%減った。4月の26%減に比べて減少率は縮まったが、3カ月連続のマイナスだ。対ロ制裁で貿易決済に支障が生じたほか、ロシアのウクライナへの侵攻が長期化してサプライチェーン(供給網)が混乱している可能性がある。』