イルクーツク

イルクーツク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%AF

『イルクーツク(ロシア語: Иркутск, ラテン文字転写: Irkutsk イルクーツク、ブリヤート語・モンゴル語: Эрхүү, ラテン文字転写: Erhüü)は、ロシアのシベリア地方(北緯52°17′、東経104°16′)南部のイルクーツク州の州都で、モンゴル国境から北に300km程に位置する都市。人口は約62万人。

首都モスクワからはシベリア鉄道で繋がっており、ロシア極東地域とウラル・中央アジアをつなぐシベリア東部の工商および交通の要衝である。ロシア正教会の大主教座が置かれ、劇場などの文化施設も充実する。また、街並みの美しさから「シベリアのパリ」と呼ばれることもある[1]。

街はバイカル湖西岸内陸にあたり、イルクート川とバイカル湖から流れ出るアンガラ川(どちらもエニセイ川の支流)の合流地点の右岸に位置する。 』

3.海外における鉄道を利用した国際海上コンテナ輸送に係る現状の把握と課題の抽出
(1)ロシアのコンテナ鉄道輸送に係る状況
https://www.mlit.go.jp/common/000030232.pdf

中国が突き進む「一帯一路」と、ユーラシア鉄道網の思惑
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1905/31/news031.html