国連・中満次長「核不使用死守を」 ウクライナ侵攻、脅威が「現実」

国連・中満次長「核不使用死守を」 ウクライナ侵攻、脅威が「現実」―時事トップセミナーで講演
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022060800248&g=int

 ※ 『中満氏は、ロシアによる侵攻を「核戦力を背景に各国の紛争介入を抑止しつつ、隣国を侵略するという核抑止力の最もあってはならない姿」だと強調。』…。

 ※ その通りだと思うが、「どうやって」それをロシアに適用し、規律させるのか…。
 ※ その「強制手段」は?

 ※ そこが、まさに問題だ…。

 ※ 時間はかかっても、「制裁」食らわせて、結局は、「ソンだ。」「割に合わない。」と思わせる他は、無いだろう…。

『【ニューヨーク時事】国連の中満泉軍縮担当上級代表(事務次長)は7日、ニューヨークで開かれた時事トップセミナーで講演した。ロシアのウクライナ侵攻で「(世界は)核兵器の脅威が現実的なものだと突き付けられた」と指摘。不測の事態発生のリスクが「冷戦のピーク時以来、最高になっている」として「核不使用の規範を死守しなければならない」と訴えた。

忍び寄る先制核使用の恐怖 プーチン大統領は本気なのか

 中満氏は、ロシアによる侵攻を「核戦力を背景に各国の紛争介入を抑止しつつ、隣国を侵略するという核抑止力の最もあってはならない姿」だと強調。侵攻をきっかけに軍事費増強にかじを切る国が増えているとし「核廃絶に向けた歩みの後退は否定できない」との認識を示しながらも、「『核兵器は人類を破滅させかねない』との共通認識を取り戻さなければならない」と力を込めた。

 今月21日から核兵器禁止条約の第1回締約国会議がオーストリアの首都ウィーンで、8月には核拡散防止条約(NPT)再検討会議がニューヨークの国連本部で開催される。中満氏は、いずれの会議でも「核兵器の使用は許されない」とのメッセージを発することが重要だと語った。

 その上で締約国会議では、核兵器禁止条約が核保有国の重視するNPTと「補完的関係」にあることをしっかりと示す必要があるとした。

 一方、前回2015年に最終文書を採択できなかったNPT再検討会議に関しては、ウクライナや北朝鮮、イランの状況に加え、中国が反発している米英豪3カ国の安保枠組み「AUKUS(オーカス)」などをめぐって今回も難しい議論になるとの見通しを示し、「8月は勝負の月になる」と話した。 』