仏議員団、8日から台湾訪問 蔡総統と会談へ

仏議員団、8日から台湾訪問 蔡総統と会談へ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM073860X00C22A6000000/

『【台北=龍元秀明】台湾の外交部(外務省)は7日、フランス上院の超党派の議員団が8~13日の日程で台湾を訪問すると発表した。外交・国防や財政関連の委員会などに所属する5議員で構成され、蔡英文(ツァイ・インウェン)総統との会談も予定する。中国の統一圧力が強まるなか、台湾支持を表明するため各国議員の訪問が相次ぐ。

外交部は7日、「訪問を心から歓迎する」と声明を発表した。欧州内は台湾を巡って温度差があるが、フランスは台湾への支持が強く、2021年10月に上院、同12月に下院の議員団が相次ぎ訪台した。

一方、台湾の蔡総統は7日、訪台中のスロバキア議員団と台北市内で会談した。蔡氏はロシアのウクライナ侵攻に触れ、「強くしなやかな民主主義戦線を構築したい」と呼びかけた。スロバキア国会のミラン・ラウレンチーク副議長は、中国を念頭に「外部の干渉には妥協しない。強権主義に抵抗する準備はできている」と応じた。

台湾には5月30日~6月1日の日程で米民主党のタミー・ダックワース上院議員も訪問したばかり。相次ぐ各国議員の訪台に中国の反発は避けられない。』