ウクライナ大統領、侵攻前状態は「暫定勝利」領土回復支援訴え

ウクライナ大統領、侵攻前状態は「暫定勝利」
領土回復支援訴え
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB080DP0Y2A600C2000000/

※ ゼレンスキー氏が、本当のところ、「クリミア半島」のことを、どう考えているのか、が最終局面での「停戦交渉」の、鍵(かぎ)を握っていると思う…。

※ それは、「ウクライナ国民」の「総意」をどう読むのか…、という話しでもある…。

※ 当然、「表向きは」「領土の一体性の確保」「違法に占領されている領土の奪還」の旗は、降ろさない構えを堅持するとしてだ…。

『【キーウ=共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は7日、ロシア軍を2月24日の侵攻開始前の境界まで押し返すことが「重要な暫定的勝利」だと述べた上で、ロシアが2014年に強制編入した南部クリミア半島を含む領土の完全回復が最終目標だと強調した。「装備面で劣り、前進できない」と苦境を認め、各国に支援強化を訴えた。英紙フィナンシャル・タイムズのイベントで語った。

ゼレンスキー氏はオンラインのインタビューで、戦闘が膠着状態に陥ることは「選択肢にない」とし、ロシアが制圧した地域の奪還を目指す考えを強調。一方で和平交渉に前向きな姿勢も示し、プーチン大統領との直接会談に意欲を見せた。ロシアを交渉に引き込むため、制裁による圧力強化を各国に改めて求めた。

欧米諸国の一部は、対ロ制裁による経済悪化に嫌気が差しており「制裁緩和に向けて何ができるか探っている」と批判。フランスのマクロン大統領が和平交渉の可能性をにらみ「ロシアに屈辱を与えてはならない」と発言したことにも「理解できない」と反発した。

ウクライナの頭越しにロシアとの妥協点を探ろうとする動きに不快感を示す一方、徹底抗戦を後押しするジョンソン英首相の与党内での信任による続投決定は「重要な同盟国を失わず、うれしい」と歓迎した。

ロシアが完全制圧を狙う東部ルガンスク、ドネツク両州を巡り、長距離砲の支援を各国に再三求めてきたが供与が遅いと失望を表明。滞留するウクライナからの穀物輸出については、海上輸出のため安全な回廊を設置する計画を支持する考えを示した。

ウクライナ軍によると、ルガンスク州の要衝セベロドネツク周辺ではロシア軍が猛攻を継続。同州のガイダイ知事は、ロシア軍が南西からの補給路分断を図っていると指摘した。』