ウクライナで性暴力124件 国連高官「氷山の一角」

ウクライナで性暴力124件 国連高官「氷山の一角」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB070M60X00C22A6000000/

『【ニューヨーク=共同】国連安全保障理事会は6日、ウクライナ情勢を巡る公開会合を開いた。国連で紛争地の性暴力問題を担当するパッテン事務総長特別代表は、ウクライナ各地で性暴力被害の訴えが3日までに124件あったと明らかにした。「経験上、氷山の一角だ」として各国に対策を講じるよう求めた。

6月の安保理議長国を務めるアルバニアが会合を設定。性暴力や人身売買がテーマで、ロシア軍によるウクライナでの性暴力を非難し、調査の必要性を呼びかける声が各国から上がった。

ウクライナのキスリツァ国連大使は「ロシアの占領者は、拷問などの被害者の遺体を燃やして証拠を隠滅している」と糾弾した。ロシアのネベンジャ国連大使は「ロシア兵による性暴力の証拠はない」と反論し、ウクライナや欧米諸国の情報戦の一環だと主張した。

安保理は5月に「ウクライナの平和と安全の維持に関して深い懸念を表明する」との議長声明を採択。ただ、ロシアが常任理事国として拒否権を持ち、実効性のある対応は取れていない。』