ロシア軍は再びキーウ方面の過ちを東部戦線で繰り返そうとしている

ロシア軍は再びキーウ方面の過ちを東部戦線で繰り返そうとしている
https://grandfleet.info/european-region/russian-troops-are-once-again-trying-to-repeat-the-mistakes-in-the-direction-of-kyiv-on-the-eastern-front/

『ドンパスの戦いでウクライナ軍が苦戦する中、米国の国防当局者や軍事アナリストは「キーウ方面で犯した過ちをロシア軍は再び東部戦線で繰り返そうとしている」と指摘している。

参考:Russian Military Is Repeating Mistakes in Eastern Ukraine, U.S. Says
ドンパスの戦いはウクライナ軍にとって厳しものだが他の地域の戦いはロシア軍にとって微妙なものなのかもしれない

プーチン大統領は「ウクライナ全体を占領する」という試みが失敗したことを受けて作戦規模を縮小、これまで不在だった総司令官にアレクサンドル・ドボルニコフ上級大将(シリアの虐殺者)を指名してドネツィク州とルハーンシク州を合わせてたドンパス地域の解放に総力を傾けており、セベロドネツク方面やスラビャンスク方面のウクライナ軍は苦戦を強いられている。

出典:mil.ru / CC BY 4.0 アレクサンドル・ドボルニコフ上級大将

ただ米政府、国防関係者、軍事アナリストはウクライナとロシアの戦いについて悲観的な見方をしていない。

米政府の関係者は「2週間ほどドボルニコフ上級大将は姿を見せておらず、現在も彼が総司令官の地位にあるのか分からない」と明かしており、国防当局者は「バラバラだった航空戦力と地上戦力の意思疎通を図り、各方面の作戦に協調性をもたらそうとドボルニコフ上級大将は取り組んだが、クレムリンは作戦の進捗を急かして再編途中だった部隊の投入を指示、空軍はウクライナ空域に侵入するのを拒否して国境付近でミサイルを発射して直ぐに帰投する」と指摘。

出典:GoogleMap 大まかなハルキウ周辺の状況/管理人加工

軍事アナリストも「ロシア軍の指揮体系には根深い欠陥(下士官に作戦の欠陥を指摘したり作戦を調整を行う権限ない)が存在し、ドボルニコフ上級大将をもってしても2週間程度でこの欠陥を修正するのは無理だ」と述べ、欧州連合軍最高司令官を務めたブリードラブ元大将は「ウクライナ軍がハルキウ州東部でロシア軍の補給路遮断に成功すればイジューム方面のロシア軍はキーウ方面の戦いと同じ状況に陥るだろう」と指摘しているのが興味深い。

つまりイジューム方面のロシア軍はベルゴロド~ボルチャンスク~T2014~Prykolotne~T2114~クピャンスク~P79~イジュームという最短ルートの補給路に依存しており、ドネツ川沿いまで前進したハルキウ州のウクライナ軍がボルチャンスク方面に前進して補給ルートを遮断できればロストフ州経由の補給ルートに頼らざるを得なくなって「戦闘がおぼつかなくなる」という意味だ。

出典:GoogleMap 大まかな南部戦線の状況/管理人加工

ウクライナ軍は南部戦線でも4方向からの反攻作戦を進めている最中で、ドンパスの戦いはウクライナ軍にとって厳しものだが他の地域の戦いはロシア軍にとって微妙なものなのかもしれない。

関連記事:ロシア軍がセベロドネツクの殆どを支配、ウクライナ軍はリシチャンシクに後退
関連記事:米国がHIMARS提供を正式発表、ドイツに続き英国もMLRS提供を表明 』