OPECプラス、増産拡大で合意 日量64.8万バレル

OPECプラス、増産拡大で合意 日量64.8万バレル
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR02CYT0S2A600C2000000/

『石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産油国でつくる「OPECプラス」は2日、原油を追加増産することで合意した。7月と8月の増産幅をそれぞれ日量64万8千バレルとし、従来の43万2千バレルから拡大する。ロシアのウクライナ侵攻による原油高で世界的なインフレ懸念が強まるなか、一段の増産を迫る米国の要請に応じた。

【関連記事】
・NY原油、一時117ドルに上昇 OPEC増産でも買い優勢

増産余力を持つサウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)は対ロ協調を優先し、大幅増産に応じてこなかった。今回OPECを主導するサウジが重い腰を上げた背景に、インフレに悩む米国からの強い圧力があったようだ。ジャンピエール米大統領報道官はOPECプラスの閣僚協議後、「新たな市場環境に基づき、供給を日量20万バレル以上増やすとの重要な決定を歓迎する」と表明した。

米メディアによると、6月下旬にバイデン米大統領が中東を歴訪する計画があり、これに先立ちホワイトハウス高官らが最近サウジを訪れていた。米国では中間選挙が11月に控えている。低い支持率に悩む米バイデン政権にとって、これ以上のガソリン高は避けたい。

サウジが米国に歩み寄りの姿勢をみせたのは、サウジを取り巻く安全保障上の問題がある。サウジはイエメンの親イラン勢力との戦いで米国の支援が弱いと感じ、米国がイラン核合意の再建を目指していることも警戒する。これらの問題で米国から見返りがあれば、一定の原油増産で応えるとの見方がある。

もっとも、ウクライナ侵攻による制裁で落ち込んだロシアの生産減を補うには十分とはいえない。国際エネルギー機関(IEA)によると、4月のロシアの生産量は計画に対し日量134万バレルの未達だった。欧州連合(EU)が5月末に合意したロシア産石油の禁輸など米欧日の制裁が続く限り、回復は見込みにくい。アフリカの産油国なども生産目標割れが続いている。

原油市場の反応は限られている。ニューヨーク市場のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物はOPECプラスの声明発表後、一時1バレル116ドル台と前日比1%上昇した。追加増産の観測で3%安い111ドル台まで下落していたが、規模が限られるとの見方から買い戻された。

OPECはロシアとの関係も維持する構えだ。OPECの産油量のシェアは世界の3割台だが、ロシアを加えれば4割を超す。原油市場への影響力を維持するためにも「ロシアとの協調は簡単にはやめられない」(和光大学の岩間剛一教授)との見方が強い。

ロシアのノワク副首相は2日の協議後、OPECプラスの枠組みで引き続き協力する意向を示した。地元テレビに「不断の協議を続けることが重要だ」と述べたとタス通信が伝えた。

OPECプラスは声明で「9月の生産調整を前倒しし7、8月に配分し直す」とした。7~9月の3カ月間にわたり毎月43万2千バレルずつの予定だった増産を、7、8月の約65万バレルずつに置き換えることになる。米国には増産を急ぐ姿勢をみせつつ、実質は変わらないとロシアに説明できる。次回協議は6月30日に開く。

ウクライナ危機の長期化は中東勢にも誤算だったはずだ。長びくほど、中東産油国はロシアから得るものが小さくなり、米国などからの風当たりは強まる。供給不足を放置すれば、国際的なカルテルとしての信用を損なう懸念もあった。

原油価格の急落を招くような大幅な増産は、どの産油国も望まないのが本音だ。増産幅が大きいと米欧の対ロ制裁を側面支援する形になり、ロシアを追い詰めるリスクもある。中東産油国が米ロを両てんびんにかける構造はなお続いている。

(カイロ=久門武史、蛭田和也)

【関連記事】
・EU、ロシアからの石油禁輸で正式合意
・ロシア産石油の締め出し加速 英EUがタンカー保険禁止へ

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

小山堅のアバター
小山堅
日本エネルギー経済研究所 専務理事 首席研究員
コメントメニュー

ひとこと解説

ようやくOPECプラスが追加増産に動いた。

EUのロシア産の石油禁輸合意が発表され、原油価格に上昇圧力が働き始めていた矢先、従来方針から転換し、「追加増産」の方針を示した。

ただしOPECプラス全体としての増産方針でロシアとの協調も維持する形を堅持した。

また既に能力一杯の生産を実施している産油国も多く、結果として現実には増産目標未達となる可能性が大きくこと見込んだ市場では油価に大きな変化は無かった。

とはいえOPECプラス、とりわけサウジの方針に変化が生まれたことは一つの転機ではある。

ロシアの生産低下の状況、中国の需要動向と共にサウジの生産政策が今後も要注目点だ。
2022年6月3日 6:48

白井さゆりのアバター
白井さゆり
慶應義塾大学総合政策学部 教授
コメントメニュー

ひとこと解説

世界のエネルギーの生産余力は乏しい中で制裁が強化されているので、エネルギー価格の高止まりにつながっている。

ロシアの生産や輸出の数量は減っているが、価格がそれを超えて上昇しているので、ロシアの輸出額や輸出収入はむしろ増える事態になっている。

またロシアの港を往来する船舶の数は制裁前より減ってはいるが、まだかなり活発な往来があるという。

インフレ率はロシアからの輸入に頼るユーロ圏では8.1%へ上昇しており、欧州市民の一番の心配事は物価高騰になっている。

アメリカの消費者の景況感も所得水準に関係なく大きく悪化している。

制裁によってロシアは間違いなく大きな打撃を受けているが、西側の苦難も大きくなっている。

2022年6月2日 23:25 』