米がサイバー攻撃実施 対ロシアか、ウクライナを支援

米がサイバー攻撃実施 対ロシアか、ウクライナを支援
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB023AS0S2A600C2000000/

『【ワシントン=共同】英スカイニューズ・テレビは1日、米サイバー軍のナカソネ司令官が、ウクライナ支援のためにサイバー攻撃を実施したことを明らかにしたと報じた。ロシアに対して行ったとみられる。同テレビによると、米国がウクライナ支援のためのサイバー攻撃実施を認めるのは初めて。

【関連記事】ロシアの情報保全「破綻」 サイバー攻撃集団を活用か

ジャンピエール米大統領報道官は1日の記者会見で、ロシアに対するサイバー攻撃は、ロシアとの直接的な衝突を避ける米政権の方針に反するものではないとの認識を示した。

ナカソネ氏は、活動の詳細は明かさなかったが「攻撃的、防衛的、情報的なあらゆる領域で一連の作戦を実施した」と述べた。また米国防総省の決定に基づく政策で、完全な文民統制の下、合法的に実施されたと強調。米国を標的とするロシアのサイバー攻撃のリスクを毎日懸念していると語った。

【関連記事】
・米、新ロケット砲供与決定 ウクライナ防衛のみに使用
・ドイツ、ウクライナに防空システム提供 首相が発言 』