海自護衛艦「いずも」ソロモン諸島など派遣へ

海自護衛艦「いずも」ソロモン諸島など派遣へ…12か国・地域に寄港、中国けん制狙う(2022/06/01 23:04)
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20220601-OYT1T50221/

 ※ 大丈夫なのか…。

 ※ 日本がワザワザやるようなことじゃ、無いような気もするが…。

 ※ 米国がやると「角が立つ」が、日本国がやると、「まだ、マシ。」と言うことなのか…。

 ※ だんだん「火中の栗」を拾わされて、対中対決の「矢面」に押しやられているような気配を感じるのは、オレだけか…。

 ※ ウクライナ情勢(及び、台湾情勢 北朝鮮情勢)にかかりきりで、到底こっちに艦艇回している余裕は無い…、ということか…。

 ※ モリソン政権も敗北したし、なんとかテコ入れ図りたい…、という事情もあるんだろうか…。

 ※ 日米首脳会談で、話し合われたんだろうな…。

『政府は13日から、海上自衛隊の護衛艦「いずも」などをインド太平洋地域に派遣する。ソロモン諸島など太平洋の 島嶼 国のほか、米国やインド、豪州など計12か国・地域に寄港する予定だ。この地域で影響力拡大を狙う中国をけん制する狙いがある。
防衛省

 このほか、護衛艦「たかなみ」と「きりさめ」、潜水艦、P1哨戒機などが、10月28日まで派遣される。「いずも」は事実上の空母への改修が進んでいる。寄港地には、トンガやフィジーなども含まれ、バヌアツには、海自艦艇として初寄港する。

 中国は米国との覇権争いをにらみ、ソロモン諸島と安全保障協定を締結し、日米豪などは警戒を強めている。「海自艦艇が、太平洋の島嶼国を集中的に回ることは極めて異例」(防衛省幹部)で、各国との共同訓練を通じ、信頼関係の強化を図る。

 一方、自民党の外交部会は1日、太平洋島嶼国に関するプロジェクトチームの初会合を開いた。島嶼国との安保面での協力拡大を政府に求める提言を今秋にもまとめる考えだ。』