中国と太平洋島しょ国、安保で合意できず 一部が慎重姿勢

中国と太平洋島しょ国、安保で合意できず 一部が慎重姿勢
https://news.yahoo.co.jp/articles/621924b6d19e2106da5627bf87b6ecf449c01824

 ※ 『中国は会合に先立ち、共同声明と5カ年行動計画の草案を送付。』…。

 ※ 「話し合い」すら無いのか…。「5カ年行動計画」って、モロ計画経済だな…。

 ※ 『大いなる調和、公正さの向上、全世界の一段の進展に他ならない」と述べた。』と言われてもなあ…。

 ※ そういう「お題目」を信じる国が、あるのか?

 ※ 『国際情勢がどのように変化しようとも、中国は常に太平洋島しょ国の良き友であり続けると述べ、ともに「未来を共有する共同体」の構築に取り組む用意があると表明した。』言ってる「言葉」は美しいが…。

 ※ ウインウインとは、「※国が、2回勝つという意味だ!」と言われてしまっているしな…。

 ※ 『駐フィジー中国大使は、会合参加国が声明案と5カ年計画で「合意を達成するまで」協議を続けることで合意したと述べた。』…。

 ※ と言うことで、「継続協議」というところに落ち着いたようだ…。

 ※ 別に島嶼国側では、今にわかに「安保協定」を締結しなければならないほどの「切迫した安保環境」には、無いだろう…。

 ※ むしろ、「切迫状況」にあるのは、あんたら側の方じゃないのか?

 ※ 今年の「北戴河」とか、どういうスケジュールになってるんだろう…。

 ※ 例年だと、7月末から8月上旬にかけて開催される感じなんだが…。

『[30日 ロイター] – 中国の王毅外相は30日、フィジーで太平洋島しょ国10カ国の外相との会合を開催した。中国が策定し提案した貿易と安全保障に関する声明には一部の国が慎重姿勢を示し合意に至らなかった。会合では、中国が同地域に積極的に関与する動機を質す声が出たという。

【動画】台湾防空識別圏の中国機侵入を監視、警告と情報公開を続ける退役軍人

中国は会合に先立ち、共同声明と5カ年行動計画の草案を送付。しかし中国による地域支配の意図をうかがわれるとして、少なくとも1カ国が反対したとされていた。

王外相は会合後、5分野での協力には合意したが、コンセンサスの形成にさらなる議論が必要だと説明した。合意した5分野は、新型コロナウイルス流行後の経済回復、農業や災害対策などで、安全保障は含まれない。

「中国は、独自の立場や提言、太平洋島しょ国との協力案に関する文書を公表する予定だ。協力に関する一段のコンセンサス形成に向け、今後も現在行っている使い議論や協議を続けていく」と述べた。

王氏によると、中国が太平洋島しょ国に対し積極的になっている動機を一部の国から聞かれ、中国はアフリカ、アジア、カリブの途上国を支援していると回答したという。

「過度に心配したり神経質にならないでほしい。中国とその他全ての途上国の共同の発展と繁栄が意味するところは、大いなる調和、公正さの向上、全世界の一段の進展に他ならない」と述べた。

王氏の会見後、駐フィジー中国大使は、会合参加国が声明案と5カ年計画で「合意を達成するまで」協議を続けることで合意したと述べた。

地域機構「太平洋諸島フォーラム(PIF)」の声明によると、プナ事務局長は会合で、気候変動やコロナ禍からの景気回復という優先課題について、同意したメカニズムに沿って同地域と協力するよう中国に要請。

プナ氏は「この地域を巡る地政学的な駆け引きの活発化を認識している。高官の訪問が最近増えていることは、中国を含むパートナーとって、われわれの価値が高まっていることを反映している」と語った。

PIFには18の国や地域が加盟しており、メンバーには中国ではなく台湾と外交関係を持つ国も含まれる。

フィジーのバイニマラマ首相は、島しょ国は合意形成を優先事項としていると記者団に語った。

習近平国家主席は外相会合向けの演説文で、国際情勢がどのように変化しようとも、中国は常に太平洋島しょ国の良き友であり続けると述べ、ともに「未来を共有する共同体」の構築に取り組む用意があると表明した。

王氏は31日から2日間の予定でトンガを訪問する。』