ロシアルーブル続落、前日の利下げ受け ユーロ債に注目

ロシアルーブル続落、前日の利下げ受け ユーロ債に注目
https://news.yahoo.co.jp/articles/c4e83bd82d1432276d1dc2d04805b005dca060eb

『[27日 ロイター] – 27日のロシア通貨ルーブルは続落している。政策金利を引き下げた中央銀行が追加利下げを示唆する中、資本規制緩和とデフォルト(債務不履行)の可能性も打撃となっている。

前日のルーブルは利下げを受け、ドルやユーロに対して約10%下落した。

この日のルーブルは0727GMT(日本時間午後4時27分)時点で、2.1%安の1ドル=66.63ルーブルと、2週間強ぶり安値。25日には55.80ルーブルと、2018年2月以来の高値を付けていた。

対ユーロでは、4.4%安の70.99ルーブル。25日に付けた7年ぶり高値57.10ルーブルからさらに値を下げた。

ルーブルは資本規制によって人為的に上昇させられ、今年に入ってから世界で最も好調な通貨となった。

ただ、ロシアのレシェトニコフ経済相は26日、ルーブル高が輸出によるロシアの財政収入にマイナスの影響を与える懸念があり、ロシア製品の海外競争力を低下させていると述べた。

同相は輸出企業がルーブルに交換しなければならない外貨収入の義務的な割合について、50%からさらに引き下げられると見込む。

ロシア連邦証券保管振替機関(NSD)が、27日にユーロ債2本について7125万ドルと2650万ユーロ(2850万ドル)相当の利払いを行うと約束。ロシアから国債の元利払いを受け取ることを認める米財務省の特例措置が失効しただけに市場は注目している。』

為替チャート:ロシア・ルーブル[RUB/JPY]
https://www.hs-sec.co.jp/bond/foreign/chart/rub.htm