米主催の米州首脳会議、ベネズエラとニカラグア招待せず

米主催の米州首脳会議、ベネズエラとニカラグア招待せず
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN26EY90W2A520C2000000/

『【メキシコシティ=清水孝輔】米政府が6月に米西部カリフォルニア州で開く米州首脳会議に、南米ベネズエラと中米ニカラグアの2カ国を招待していないことが26日に明らかになった。会議への出欠をめぐって、メキシコなど他の中南米諸国の判断に影響する可能性がある。

米州首脳会議の責任者を務めるケビン・オライリー氏が26日、米議会上院の小委員会で明らかにした。カリブ海の社会主義国キューバを招待するかどうかは米ホワイトハウスが決めるという。キューバのディアスカネル大統領は「どのような状況になっても出席しない」とツイッターに投稿した。

米国務省のニコルズ国務次官補(米州担当)は3日にベネズエラとニカラグア、キューバの3カ国を招待しないと発言した。全ての国を招待すべきだと主張するメキシコやホンジュラスの反発を招いた。メキシコのロペスオブラドール大統領は26日、米州首脳会議への出欠について「恐らくあした決めるだろう」と述べた。

一方でブラジル外務省は26日、同国のボルソナロ大統領が米州首脳会議に出席すると明らかにした。ボルソナロ氏は米国のバイデン大統領と会談する予定だ。コスタリカとエクアドルも大統領が出席する方針を示している。』