中国、米国務長官演説に反発 「デマで脅威を宣伝」

中国、米国務長官演説に反発 「デマで脅威を宣伝」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022052701007&g=int

『【北京時事】中国外務省の汪文斌副報道局長は27日の記者会見で、ブリンケン米国務長官の中国戦略に関する演説に対し「強烈に不満で断固反対だ」と反発した。

さらに「デマをばらまいて中国の脅威を宣伝し、内政に干渉し、内外政策に泥を塗った。中国の発展を抑え込み、米国の覇権を守るのが目的だ」と激しく批判した。

 ブリンケン氏は中国が「国際秩序に対する最も深刻で長期的な挑戦」をもたらしていると指摘した。

これに対し汪氏は「典型的なデマで、中国に泥を塗る言論だ」と反論。中国は国連や国際法に基づく国際秩序の「擁護者」だと主張し、自国主導の秩序を守る米国こそが「国際秩序を乱す最大の源だ」と非難した。 』