ウクライナの東部戦線に動員されているのは露兵ではない。

ウクライナの東部戦線に動員されているのは露兵ではない。

※ ロシアに編入されるということは、「ロシアに徴兵される」ということでもあるわけだ…。

※ しかし、確か「総動員令」は、出されていないはずだ…。

※ そこいら辺の、「中央と地方の関係」は、どうなっているんだろう…。

※ 住民投票する時、そこら辺の情報は、行き渡っていたものか…。

※ どうせ、オイシイ話しばっかりだったクサイな…。

『Kamil Galeev 記者による2022-5-26記事。
 https://st2019.site/?p=19648

    ウクライナの東部戦線に動員されていのは露兵ではない。DPRおよびLPRという、露系住民を徴兵した傀儡部隊である。

 そしてDPRの第105連隊と第107連隊は、露軍から下された命令を拒否した。

 107連隊は、マリウポリで3ヵ月戦った。そして指揮官は、こんどはLPRに所属して東部で転戦しろと言った。ドネツクの住民は怒った。「俺たちをコサック志願兵のように扱うんじゃねぇ」。

 105連隊の構成員は、本業は、大学生や労働者である。志願兵ではなく徴兵である。
 動員されるとき、任務は治安維持だといわれた。第三線勤務だと。ところがマリウポリまで連れて行かれた。

 徴兵手続きにはメディカルチェックがなければならない。ところが慢性病の者も委細構わず徴兵された。これは違法である。

 105連隊は、マリウポリで、4割の損害を出している。すでに出征時の6割に減っているのだ。

 モスクワの報道では、DPRとLPRの損害は「ロシア軍の損害」としてカウントされていない。これもふざけた話だと当人たちは思っている。

 「手続きの不備」「法令違反」を理由とする抗議は、官僚主義組織に対してはとても有効だ。だからDPRはその抗弁を使っている。

 ちなみに親露のチェチェン部隊は、軍閥私兵のようなものでありながら、ソ連に支配されていた間に「法手続き無視」はいけないと考えられるところまでは来た。

そこは、アフガニスタンの武装集団との違いであるが、露軍ほどには厳密ではない。だからチェチェン部隊の指揮官相手だったなら、このような抗弁は意味を持たなかったであろう。

 ロシア正規軍の上官相手だと、この抗弁はまちがいなく通用するのである。

 慣習法体系の文化圏(すなわち英米)では、軍隊の中で「人間のロジック」も通用する。しかしその他の欧州軍隊内では、通用するのは制定法のロジックだけなのだ。』