ロシア、防衛力強化を警告 共同飛行で日本の対応批判

ロシア、防衛力強化を警告 共同飛行で日本の対応批判
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN2602Z0W2A520C2000000/

『ロシア外務省のザハロワ情報局長は25日、中国とロシアの爆撃機が24日に日本周辺を共同飛行したことに対する日本政府の懸念表明を「根拠のない、ばかげた抗議」と批判し「防衛力の強化で対抗する」と警告するコメントを発表した。

ザハロワ氏は、中ロの合同パトロールは国際法を順守して定期的に行われ、アジア太平洋地域の平和と安定に貢献していると強調。日本側が24日に東京の在日ロシア大使館に「電話による抗議」をし、ウクライナ情勢に絡めて「言いがかりをつけてきた」と非難した。
その上で、日本は米国との軍事、政治的協力を急速に強め、自国内に米国の短中距離ミサイル配備を検討するなどしてロシアへの潜在的脅威を高めていると指摘した。

日本の防衛省によると、中国のH6爆撃機とロシアのTU95爆撃機が24日午前から午後にかけ日本海と東シナ海、太平洋の長距離を共同飛行。領空侵犯はなかった。飛行したのは計6機で、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応した。

岸信夫防衛相は24日夜、中ロ両国に外交ルートを通じて重大な懸念を伝達したと表明。「国際社会がウクライナ侵略に対応している中、看過できない」と述べていた。

24日には東京で日本と米国、オーストラリア、インドの協力枠組み「Quad(クアッド)」首脳会合が開催されていた。

ロシア外務省は3月、日本が欧米の対ロ制裁に加わったことに強く反発。北方領土問題を含む日本との平和条約締結交渉を中断すると発表するなど、日ロ関係は険悪化している。(共同)』