ロイヤル・ウイングマン

ロイヤル・ウイングマン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%B3

『ロイヤル・ウイングマンは、オーストラリア空軍がオーストラリア・ボーイング社と共同で開発中の概念実証無人航空機。』

『概要

ロイヤル・ウイングマンは、空中戦をはじめさまざまな任務を目的に開発が始められたステルス無人航空機である。2010年代にボーイング社のオーストラリア子会社がオーストラリア空軍に働きかけて開発が始まった。 2020年には飛行前の地上試験を行い、自律走行や操舵、制動、エンジン制御を確認。2021年3月1日には、1号機が初のテスト飛行に成功した[1]。

2021年9月22日、ボーイング社はロイヤル・ウイングマンの最終組み立て工場をオーストラリア国内のトゥーンバに建設することを発表した。ボーイング社がアメリカ国外で組み立て工場を建設する初のケースとなった[2]。 』