米ジョージア州知事選の共和党予備選、トランプ派候補敗退

米ジョージア州知事選の共和党予備選、トランプ派候補敗退
https://jp.wsj.com/articles/gov-brian-kemp-defeats-trump-backed-david-perdue-in-georgia-primary-11653443811

『11月の米ジョージア州知事選に向けた共和党予備選が24日に行われ、現職のブライアン・ケンプ氏が元上院議員のデービッド・パーデュー氏に勝利した。AP通信が伝えた。

 ドナルド・トランプ前大統領の支持を受けたパーデュー氏は選挙期間中、トランプ氏が敗北した2020年大統領選の正当性に異議を唱え、選挙結果を覆さなかったケンプ氏を批判することに時間を割いた。同選挙で幅広く不正が行われた証拠はない。

 ケンプ氏は11月の本選で民主党のステイシー・エイブラムス氏との再戦に臨む。無投票で民主党候補に選ばれたエイブラムス氏は、ジョージア州下院の元民主党トップで、現在は投票権の擁護派として活動している。2018年の前回知事選では、ケンプ氏が約5万5000票の差でエイブラムス氏を破った。投票数は390万票余りだった。..(※ 無料は、ここまで)』

 ※ ということで、ペンス氏の「推しメン」が、勝利したようだ…。