北朝鮮の弾道ミサイル「1発目はICBM」 韓国軍発表

北朝鮮の弾道ミサイル「1発目はICBM」 韓国軍発表
ミサイル3発連続発射、米大統領の離日後に
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM19E590Z10C22A5000000/

『【ソウル=甲原潤之介】韓国軍合同参謀本部は25日、北朝鮮が弾道ミサイルを東方向に発射したと発表した。午前6時、同6時37分、同6時42分ごろの3回にわたり、いずれも平壌近郊の順安(スナン)から日本海に向けて1発ずつ撃ったと明らかにした。1発目は大陸間弾道ミサイル(ICBM)と推定した。

北朝鮮は12日に短距離弾道ミサイル3発を日本海に向けて撃って以来、およそ2週間ぶりに発射した。

韓国軍は2発目については高度20キロメートルで消失し、3発目は短距離弾道ミサイルと分析した。

韓国政府は25日午前、国家安全保障会議(NSC)を開いた。「朝鮮半島と東アジアの緊張を高める重大な挑発」として北朝鮮を糾弾した。尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は米国や国際社会と協力し、北朝鮮に対する制裁を徹底的に履行するよう指示した。大統領府が明らかにした。

岸信夫防衛相も25日午前、記者団に、北朝鮮が少なくとも2発の弾道ミサイルを発射したと語った。いずれも日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したと推定される。うち1発は変則軌道で飛んだ。2発以外の発射の可能性もあり、分析中だと説明した。

【関連記事】防衛相「断じて許されず」 北朝鮮ミサイル、2発EEZ外に

岸氏によると、1発目は午前5時59分ごろの発射で、最高高度が550キロメートル程度、距離は300キロメートルほど。6時42分ごろには変則軌道の弾道ミサイルが1発、最高高度が50キロメートル程度で750キロメートルほど飛んだという。ICBMだった可能性を問われ「分析中だ」と述べた。現時点で船舶などの被害は確認されていない。

これに関連し、岸田文雄首相は関係省庁に①情報収集・分析と国民への迅速・的確な情報提供②航空機や船舶などの安全確認の徹底③不測の事態に備えた万全の態勢――の3点を指示した。松野博一官房長官は25日の記者会見で「今後、核実験の実施を含め、さらなる挑発行為に出る可能性がある」と述べた。

【関連記事】首相「船舶などの安全確認指示」、北朝鮮ミサイル発射

閣議に臨む岸田首相(25日午前、首相官邸)

米インド太平洋軍は声明で、北朝鮮による複数の弾道ミサイル発射を認識していると説明した。「米国民や領土、同盟国に差し迫った脅威とはならない」としつつも、ミサイル発射は「北朝鮮の違法な兵器計画が(地域を)不安定にすることを浮き彫りにする」と批判した。「韓国と日本の防衛に対する米国の関与は鉄壁だ」とも強調した。

韓国軍によると北朝鮮のミサイル発射の後、米韓両軍が打撃力を示すため日本海に向けて地対地ミサイルをそれぞれ1発ずつ発射した。

バイデン米大統領が24日までの日韓両国の訪問を終え、日本を離れた直後の発射になった。米国はバイデン氏の訪問にあわせ北朝鮮がICBMを発射する可能性があるとして警戒したが、日韓滞在中の発射はなかった。

バイデン氏は尹氏との21日の会談で、北朝鮮の挑発行為に対する抑止力の強化を確認した。岸田首相とも23日の会談で、北朝鮮の核・ミサイル問題に深刻な懸念を共有していた。

【関連記事】図解・北朝鮮ミサイル 新型ICBM、米国も射程か

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

木村幹のアバター
木村幹
神戸大学大学院国際協力研究科 教授
コメントメニュー

ひとこと解説

バイデン米大統領の日韓両国訪問を前にして、様々なメディアが北朝鮮によるミサイルや核実験の兆候がある事を伝えました。中には、北朝鮮がICBMへの液体燃料の注入を進めており、訪問中の発射実験は確実だ、と断定するメディアもありました。

そしてそれらには何れも、「北朝鮮の一連の実験はソウルや東京で会談中の各国首脳に存在感をアピールし、影響を与える目的のためのものだ」という説明が当然の様に付けられました。

しかしながら、実際には訪問中の実験はなく、寧ろ実験は会談後に行われる事になりました。会談のさ中の実験をわざと避けた事は明らかであり、これまでのステレオタイプ化した理解に修正を加える必要があるでしょう。

2022年5月25日 11:54 (2022年5月25日 12:43更新)

峯岸博のアバター
峯岸博
日本経済新聞社 編集委員・論説委員
コメントメニュー

ひとこと解説

ICBMを発射した順安(スナン)は3月24日にICBMが打ち上げられた場所です。北朝鮮は多様な形態のミサイルを短時間に連射できる能力を見せつけたのでしょう。

精度は必ずしも高くないようですが、日韓の間で分析の内容やスピードがやや異なるのは気がかりです。

バイデン米大統領の日韓訪問中は外したとの見方もできますが、住民が新型コロナの脅威に苦しんでいても体制を守るための核・ミサイル開発への執着に変わりがないことを示しました。

この数日間の日本での協議では、中国・台湾にフォーカスが当てられたことから、北朝鮮が自らの存在感をアピールした側面も見受けられます。

2022年5月25日 7:28 (2022年5月25日 11:40更新) 』