ミード湖

ミード湖
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%89%E6%B9%96

『ミード湖(ミードこ、Lake Mead)とは、アメリカ合衆国最大の人造湖である。

ネバダ州ラスベガスの東約48キロメートルの場所のコロラド川に位置し、ネバダ州とアリゾナ州にまたがっている。フーバーダムによって作られ、ダムの上流180キロメートルまで伸びており、約350億立方メートル(350億トン)の水を湛えている。湖の水はカリフォルニア州及びネバダ州へ送られている。

名前は、1924年から1936年まで土地改良局局長であったエルウッド・ミードにちなんでいる。

この期間に、ダムと湖が作られたボールダー・キャニオン・プロジェクトの計画と建設が行われた。ミード湖国立レクリエーション地域が1964年に設立された。フーバーダムによって水がためられることで、幾つかの集落が立ち退きをせまられた。最も有名なのはセント・トーマスで、そこの最後の住民は1938年に去った。セント・トーマスの廃墟は、通常より水面が下がると時々姿を現す。

1948年にB-29墜落事故が発生している。 』

こんなに巨大な湖知らなかった!ラスベガス「ミード湖」
https://rtrp.jp/articles/79156/