トランプ氏とペンス氏の支持候補激突 ジョージア州知事選

トランプ氏とペンス氏の支持候補激突 ジョージア州知事選
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN24EG10U2A520C2000000/

 ※ 州知事を取るか取らないかは、「下院」の「区割り(例の、ゲリマンダーまがいの区割りが可能となる)」や、選挙日程や投票所の運営(仕事を休まないと投票に行けないようにしたり、投票所をへんぴなところに設置したり(車を持ってない人は、投票に行けない)、投票所での「飲食物の販売」を禁止したり(ちゃんと、自分で食事をしっかり準備できる人しか、投票に行けない)…などという、ありとあらゆる「イヤがらせ」の実行につながるんで、重要だ…。

 ※ どちらの「推し候補」が勝つのかで、トランプ氏の「影響力」を、ある程度推しはかることができる…。

『【ワシントン=芦塚智子】11月の米中間選挙に向けた候補者を選ぶ予備選が24日、ジョージア、アラバマ、アーカンソーの南部3州であった。

ジョージア州知事選の共和党予備選では、ペンス前副大統領ら党主流派が支援する現職ケンプ氏と、トランプ前大統領が「刺客」として起用したパーデュー前上院議員が激突。トランプ氏の影響力が試される序盤戦の山場として注目を集めている。

「彼らを投票で追い出せ!」。トランプ氏は投票日前日の23日、自身が立ち上げたソーシャルメディア「トゥルース(真実)・ソーシャル」で2020年の大統領選でジョージア州の票集計に不正があったとの根拠のない主張を繰り返し、ケンプ氏のせいだと攻撃した。

トランプ氏は、ケンプ氏が大統領選でバイデン氏の同州での勝利を認定したことに反発し、パーデュー氏に出馬を促した。パーデュー氏は選挙戦でトランプ氏の後ろ盾があることを前面に押し出した。

対するケンプ氏は、新型コロナウイルスを巡り閉鎖した経済活動の再開をいち早く進めたことなど、政策実績を強調。23日に応援に駆けつけたペンス氏は「ケンプ知事に投票すれば、共和党が未来の党だというメッセージを全米にとどろかせることになる」と述べ、大統領選での不正の主張に固執するトランプ氏を暗にけん制した。

事前の世論調査では、ケンプ氏が支持率で大きくリードしていた。民主党の予備選は18年の同州知事選でケンプ氏に僅差で敗れた同党のスター、エイブラムス氏の勝利が確実で、11月の本選挙も激戦が予想される。

アーカンソー州ではトランプ政権下で大統領報道官を務め、トランプ氏が支持するサンダース氏が共和党の州知事候補に選ばれる見通しだ。

米選挙分析サイト「バロットペディア」によると、トランプ氏が支持を表明した候補はこれまでに州知事、上下両院議員、州議会議員候補を含め96%が予備選で勝利しているが、有力な対抗馬がいなかった候補が多い。ネブラスカ、アイダホ両州の知事選、ノースカロライナ州の下院選の予備選では支持候補が敗北。17日のペンシルベニア州の上院選予備選は僅差でまだ結果が判明していない。同州知事選予備選では支持候補が勝利したが、過激な主張から共和党主流派は本選挙を懸念する。

24日は南部テキサス州で予備選の決選投票も実施された。民主党はメキシコとの国境に近い下院選挙区で中道派と左派の候補が一騎打ちとなり、移民政策や中絶を巡る民主党内の路線対立を象徴する選挙戦として注目される。同州の国境地域は近年、共和党支持者が増えており、民主党内には左派候補が勝利すれば本選挙で議席を失う可能性があると危惧する声もある。

またテキサス州司法長官選挙の共和党候補を選ぶ決選投票では、ブッシュ元大統領(第43代)のおいがトランプ氏の支持を受ける現職に挑戦する。ブッシュ氏は、大統領や州知事らを輩出してきたブッシュ家で政界に残る最後の1人だ。』