バイデン氏、台湾政策の変更否定 米の防衛関与明言巡り

バイデン氏、台湾政策の変更否定 米の防衛関与明言巡り
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN244OC0U2A520C2000000/

『バイデン米大統領は24日、米国の台湾政策について「方針は全く変わっていない」と述べた。首相官邸で記者団から台湾防衛をあいまいにしてきた歴代政権の政策を転換したのかと問われ「違う(No)」と答えた。ロイター通信が伝えた。

【関連記事】
・バイデン氏、台湾防衛関与明言 米「曖昧戦略」修正か
・米国防長官「台湾政策に変更なし」 バイデン氏発言巡り

来日中のバイデン氏は23日、岸田文雄首相との共同記者会見で、中国が台湾に侵攻すれば軍事的に関与すると明言した。台湾への軍事威嚇を続ける中国への強い警戒感がにじむが、発言は米国の台湾政策の修正と受け止められかねない。

米国ではオースティン国防長官が23日の記者会見で「政策に変更はない」と強調した。バイデン氏も自ら政策転換を否定することで、一定の火消しを図った格好だ。

米国は中国が軍事力を使って台湾侵攻に動いた場合の対応を明確にしない「戦略的あいまいさ」を維持してきた。台湾関係法では米国が台湾の自衛力強化を支援すると定め、武器輸出を継続する。中国抑止とともに、台湾の一方的な独立も認めない現状維持が地域の安定に寄与するとの判断がある。

米国は「中国本土と台湾は不可分」という中国の立場に異を唱えない一方、台湾の安全保障に関与する「一つの中国」政策を掲げる。バイデン氏は23日「我々の台湾政策は全く変わっていない」とも語っていた。』