ハノーヴァー朝

ハノーヴァー朝
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E6%9C%9D

『この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。

出典検索?: “ハノーヴァー朝” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2018年8月)

ハノーファー王家の紋章。イギリス国王の紋章を地にハノーファー国王の紋章が乗せられている。

ハノーヴァー朝(ハノーヴァーちょう、英語:Hanoverian Dynasty)は、1714年から1901年まで続いたイギリスの王朝。

ステュアート朝の断絶を受けて、ドイツ北部の領邦君主の家系であったハノーヴァー家からジョージ1世を国王に迎え入れて成立した。』

『概要

ハノーヴァー家(House of Hanover [ˈhænoʊvər, ˈhænəvər]、ドイツ語ではハノーファー家)は、ドイツのヴェルフ家(ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家)の流れを汲む神聖ローマ帝国の諸侯の家系で、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公領の分邦の一つカレンベルク侯領(1692年からハノーファー選帝侯領)の君主の家系であった。

ステュアート家の血筋を引いていたことからイギリスの王家(上記ハノーヴァー朝)となり、ハノーファー選帝侯領(1814年からハノーファー王国)とイギリスの君主を兼ねる同君連合体制をとった。

1837年、女王ヴィクトリアの即位によりサリカ法(女王の即位を認めない)を採るハノーファー王国との同君連合を解消した。

1901年のヴィクトリアの崩御後は、夫(王配)であったアルバートの家名を取って、サクス=コバーグ=ゴータ朝と称される。

その後、第一次世界大戦中に、ジョージ5世が敵国ドイツ帝国の領邦の名が冠されている家名を避け、1917年に王宮の所在地ウィンザーにちなみウィンザー家と家名を改称した。
これらは別項で扱うが、ヴィクトリア女王で血統が断絶したわけでないため、ハノーヴァー朝の継続と見なされることがある。

なお、初代(ジョージ1世)から4代(ジョージ4世)まで、連続して4人の「ジョージ」(ゲオルク)という名の王が在位していたことから、この時期を特にジョージ王朝(時代)と称することがあり、文化史ではこの時期を中心とした「ジョージアン時代」という区分もある。

歴史

イングランド王兼スコットランド王であるウィリアム3世が1694年に妻のメアリー2世女王と死別した際、2人の間には嗣子がなかった。

そこでメアリーの妹アン(ウィリアム3世の死後に女王となる)とその夫ジョージの子が王位を継ぐことが期待されたものの、同時期にアンは流産と死産を繰り返し、産まれた子もことごとく夭折した。

そのため国王の最有力候補はアンの異母弟ジェームズ(老僭王)となったが、カトリック信徒であるジェームズの即位は忌避され、イングランド議会において1701年王位継承法が制定された。

この王位継承法によって、ジェームズ1世の外孫であるハノーファー選帝侯妃ゾフィーおよびその子孫に継承権者が限定された。

また、この制定に反発するスコットランド王国を様々な手段で抑え込んだ末、1707年にイングランド王国とスコットランド王国は合同し、グレートブリテン王国が成立した。

1714年、アン女王が逝去すると、王位継承法に従って、ゾフィーの息子(アンの又従兄にあたる)ハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒが国王として迎えられ、選帝侯を兼ねたままグレートブリテン王およびアイルランド王ジョージ1世となった。

グレートブリテン王国は1801年にアイルランド王国と合同してグレートブリテンおよびアイルランド連合王国に再編され、ジョージ3世が最初の国王となった。

ハノーファーではサリカ法を採り、女子の継承を認めていなかったため、1837年のヴィクトリア女王のイギリス(連合王国)女王即位をもって同君連合を解消し、ハノーファー王家はイギリス王家から分枝した。

初期の国王がドイツ出身であるため流暢な英語が話せず、またイギリスの独特な政治事情にも不慣れであったことから、イギリスでは有力な閣僚に国政を委ねる議院内閣制がこの時代に確立されていった。

また、国王の関心がむしろドイツをはじめとする大陸ヨーロッパの情勢に向いていたこともあり、オーストリア継承戦争、七年戦争といった大陸での戦争に関与していった。

アメリカ独立戦争への大陸諸国の介入などは、逆にこれが影響している面がある。

また、前王朝時代の名誉革命に始まるフランスとの対立は、ナポレオン戦争が終結するまで100年以上に及んだ。

これは第2次百年戦争と総称されることもあるが、一連の戦争においてはアメリカ独立戦争を除いて全てイギリスが勝利し、イギリスはヨーロッパ随一の強国として国際関係の主導的立場に立った。

経度法の制定に始まり、本初子午線をグリニッジに据えたことなどに象徴される海上覇権を打ち立てたのもこの時代であった。

歴代君主一覧

「ハノーファー君主一覧」も参照
グレートブリテン国王兼アイルランド国王

ジョージ1世(1714年 - 1727年) - ハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒ(1689年 - )

ジョージ2世(1727年 - 1760年) - ハノーファー選帝侯ゲオルク2世アウグスト

ジョージ3世(1760年 - 1800年) - ハノーファー選帝侯ゲオルク3世

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国国王

ジョージ3世(1801年 - 1820年) - ハノーファー選帝侯(王)ゲオルク3世

    1814年にハノーファー選帝侯国は王国に昇格した。

ジョージ4世(1820年 - 1830年) - ハノーファー王ゲオルク4世

ウィリアム4世(1830年 - 1837年) - ハノーファー王ヴィルヘルム

ヴィクトリア(1837年 - 1901年)

    ハノーファーはサリカ法を採り女王の即位を認めていなかったため、ハノーファー王位はカンバーランド公アーネスト(エルンスト・アウグスト)が継承し、同君連合は解消された。

なお、どの君主も例外なくドイツの小領邦から王妃や王配を迎えている。

これは1701年王位継承法の規定によりカトリック教徒との結婚ができなかったこと、またドイツ諸侯としてのハノーヴァー家の家法により貴賤結婚ができなかった(領邦の規模にかかわらずドイツの領主は同格であると見なされたが、一方でイギリス国王の臣下の貴族などは婚姻対象にならない)ことによる。

そうした事情もあって、宮廷にはドイツ系の人物が多かったと言われる。また同じ事情で、フランスやスペイン、ポルトガルなどカトリック教国の王家との婚姻関係はこの時代にほとんど絶たれた。

ただし、ヴィクトリア女王の没後間もなく、孫娘ヴィクトリア・ユージェニーがスペイン王家に嫁いでいる。』