トラクター工場にて、鹵獲した露軍の戦車を工員たちが修理し、それを次々にウクライナ軍の装備にしている

トラクター工場にて、鹵獲した露軍の戦車を工員たちが修理し、それを次々にウクライナ軍の装備にしている
https://st2019.site/?p=19547

『Nicholas Slayton 記者による2022-5-15記事「Ukraine is now using Russia’s own tanks against them」。

   敵から取った駒をこちらの駒にして使えるルールがあるボードゲームとして「Uno」がある。それと同じ現象がウクライナでは起きている。

 NYTの記者がハルキウからリポートしてくれた。トラクター工場にて、鹵獲した露軍の戦車を工員たちが修理し、それを次々にウクライナ軍の装備にしているのだ。

 ついでに、遺棄された敵車両内に作戦文書などの情報が遺留していないかも捜索する。
 また、破損が酷くて再生できない車両は、部品取りに回す。

 工程の最後に、カモフラネットを被せ、テストドライブしてから、味方部隊へ引き渡す。

 良いコンディションで鹵獲した敵の戦車は74両にのぼるとウクライナ側では言っている。それに対して、戦場で破壊されたウクライナ軍戦車も70両以上はあるはずという。

 ※雑報によると、アルメニアに停戦監視のために配備されていたと思われる露軍のAFVが、塗装を上塗りされて、あらためてウクライナ戦線に持ち出されていることが、確認されている。APCも底をついているのだ。』