米、トルコの方針把握急ぐ 北欧のNATO加盟巡り

米、トルコの方針把握急ぐ 北欧のNATO加盟巡り
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN1406X0U2A510C2000000/

『【ワシントン=中村亮】トルコがフィンランドやスウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟に難色を示したことをめぐり、米国のサキ大統領報道官は13日の記者会見で「トルコの立場を明確に知るために取り組んでいる」と述べた。トルコが反対に回れば北欧2カ国の加盟手続きが迅速に進まない可能性がある。

サキ氏は北欧2カ国の加盟について「NATO加盟国から幅広い支持があることに疑いの余地はない」と強調した。フィンランドが加盟申請した場合に米国や英国、フランス、ドイツは歓迎する意向を示している。

トルコのエルドアン大統領は13日、イスタンブールで記者団に対し、フィンランドやスウェーデンの加盟について「前向きに考えていない」と述べた。北欧諸国についてトルコがテロ組織として敵視するクルド系武装勢力などに近いことなどを理由にあげた。トルコはNATOに加盟している。』